嶽原のオオヤマザクラ

水芭蕉群生地

県民の森の南西側、白鷹山麓の出羽丘陵に拓けた牧草地と畑が広がる嶽原集落に自立する一本桜。付近には五番御神酒の湧水池があり、ミズバショウの群生地としても知られ、満開の頃になると花をのぞかせはじめる。

嶽原のオオヤマザクラ

嶽原のオオヤマザクラについて

基本情報

名称
嶽原のオオヤマザクラ(たけはらのおおやまざくら)
樹種
大山桜
見頃
例年5月上旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
専用駐車場なし
所在地
山形県東村山郡山辺町畑谷(標高640m)

概要

東村山郡山辺町畑谷の嶽原集落に自立するオオヤマザクラの大木である。 県民の森の南西側、白鷹山の麓の出羽丘陵に拓けた牧草地と畑が広がるなかの一本桜。 株立ちで幾本もの大枝を放射状に伸ばし、濃紅紫色の花を枝先までびっしりと付け、こんもりと球形の樹冠を形成する。 付近には600年前の雨水が湧き出ているとされる五番御神酒の湧水池があり、一帯はミズバショウの群生地としても知られている。 村山地方屈指の遅咲きの桜で、見頃は5月上旬頃と遅く、満開の頃になると水芭蕉も花をのぞかせはじめる。

撮影後記

 以前はマイナーな桜で、開花状況などもなかったので、何度も通った思い出深い一本です。 山形県の名桜のなかでも開花時期は遅く、私の経験上、平地のカスミザクラが咲く頃になると見頃になるようです。
 撮影に関しては、道路側から狙うのが一般的かと思います。 白鷹山などの背景の山肌にもオオヤマザクラが点在し、新緑と相俟って美しいのですが、如何せん鉄塔の高圧線が横切っているので処理できません。

更新履歴

2013年10月11日
初版をアップロードしました。
2013年12月31日
携帯電話・スマートフォン専用壁紙を休止しました。

嶽原のオオヤマザクラ紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野