十二の桜

三代目

西置賜郡白鷹町山口に立つエドヒガンザクラの古木で、現在の桜樹は三代目にあたる。この地に薬師如来信仰の十二神堂があったという。10世紀後期、下長井の庄司藤原安親が、薬師堂を建立し植樹した名残と伝わる。

十二の桜

十二の桜について

基本情報

呼称
十二の桜(じゅうにのさくら)
樹種
江戸彼岸桜
樹齢
伝承 続1000年(初代は10世紀後期植樹)
見頃
例年4月下旬頃
夜桜
ライトアップあり
駐車場
無料駐車場あり
所在地
山形県西置賜郡白鷹町山口4006-2 (標高250m)
サイト
置賜さくら回廊

概要

西置賜郡白鷹町山口に立っているエドヒガンザクラの古木で、現在の桜樹は三代目にあたる。 この地に薬師如来信仰で十二神の木像を安置した十二神堂があったといい、幕末の山口村土地台帳には十ニ神の古字が見られる。 明治の廃仏毀釈で廃堂となり、現在は山際薬師如来堂の一隅に安置されている。 蚕桑村郷土誌によれば、平安時代の10世紀後期(解説版では1120年頃)、下長井庄を支配していた藤原安親が、庄内に薬師堂等を建立し江戸彼岸桜を記念植樹したと伝わり、当地のサクラもそのひとつの名残と考えられている。 二代目の桜樹は、昭和9年の大豪雪被害をうけ衰退し、今では三代目の傍らに朽ち果てた樹幹を残すのみである。 平成に入り「置賜桜回廊」が立ちあがると、十二の桜保存会も本格的に活を入れ始め、周辺に十二の桜公園が整備された。

撮影後記

 山口奨学桜から程近い山際にあるサクラで、現在は三代目とのことです。 地元の人によれば、「12本のサクラが立ってるわけじゃないのね」というのが観光客のお決まりの台詞とか。
 現地の解説版によれば、初代の十二の桜は、伊佐沢の久保桜、高玉の薬師桜などと同じ頃に植えられたものにされています。 置賜が全国有数の古典桜が多いのも、概要で説明している鮎貝氏の祖である藤原安親が、仏教の力で領内を支配し、一堂を建立した際に記念植樹したこととなっています。 征夷大将軍の坂上田村麻呂の伝説よりは、もっともらしいものです。

更新履歴

2013年9月12日
初版をアップロードしました。
2013年12月31日
携帯電話・スマートフォン専用壁紙を休止しました。
2014年1月1日
一部の無料壁紙を会員限定の閲覧に制限しました。

十二の桜紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野