伊豆の権現桜

宮宿の種まき桜

西村山郡朝日町宮宿に立つエドヒガンの古木で、伊豆大権現を祀る御神木となっている。昔は、この花が咲くと苗代に播種したことから「種まき桜」と呼ばれ、遠方から眺めると大雪山のようであると地元住民は言う。

伊豆の権現桜

伊豆の権現桜について

基本情報

呼称
伊豆の権現桜(いずのごんげんざくら)
別称
伊豆大権現の種まき桜、宮宿の種蒔桜
樹種
江戸彼岸桜
樹齢
推定700年 - 現地解説板。
推定100年~199年 - 平成3年 環境庁調査報告書。
樹形
幹周3.9m、樹高9m、枝張5m - 平成3年 環境庁調査報告書。
見頃
例年4月下旬頃
夜桜
ライトアップあり
駐車場
専用駐車場なし - 朝日町役場駐車場利用。
所在地
山形県西村山郡朝日町宮宿(標高160m)
サイト
朝日町エコミュージアム

概要

西村山郡朝日町宮宿に立つエドヒガンザクラの古木で、伊豆大権現を祀る御神木となっている。 昔は、この花が咲くと苗代に播種したことから「種まき桜」と呼ばれている。 枝が四方に展開して白花が繁り、遠方から眺めるとまるで大雪山のようであると地元住民は言う。 創建年代は不詳だが、伊豆大権現(静岡県熱海市の伊豆山神社)の分霊を勧請したとされ、サクラの樹齢は約700年とされる。 4月23日の例祭では、幟が上げられ、だんごやゆべしの店が出て花見客で賑わいをみせる。 ようになると地元有志によりライトアップも行われる。

撮影後記

 現地解説版と環境庁調査報告書の推定樹齢には大きな開きがあります。 御神札に「慶応三年丁卯年」と墨書されているそうなので、幕末には既に依り代となるような立派な巨樹であったのかと思います。 少なくとも300年以上、樹幹からも400年ほどはありそうな雰囲気です。

更新履歴

2013年9月11日
初版をアップロードしました。
2013年12月31日
携帯電話・スマートフォン専用壁紙を休止しました。

伊豆の権現桜紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野