楊岐寺の種まきザクラ

播種の目安

宮城郡利府町利府の楊岐寺に植えられているシダレザクラ。当地周辺がまだ田園風景だった頃、付近の農家はこのサクラの開花を目安に稲の種籾を苗代に蒔いたといわれる。

楊岐寺の種まきザクラ

楊岐寺の種まきザクラについて

基本情報

呼称
楊岐寺の種まきザクラ(ようぎじのたねまきざくら)
別称
種まきザクラ
樹種
江戸彼岸の枝垂桜
見頃
例年4月中旬から4月下旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
無料駐車場あり
所在地
宮城県宮城郡利府町利府八幡崎105(海抜16m)

概要

宮城郡利府町利府の臨済宗楊岐寺に植えられているシダレザクラ。 「種まきザクラ」と命名され、当地周辺がまだ田園風景だった頃、付近の農家はこのサクラの開花を目安に稲の種籾を苗代に蒔いたといわれる。 樹幹には多数のコブが見られ、大枝は折損し新たな側枝が張り出している。 樹勢は旺盛で、ベニシダレのような濃紅色を呈し極めて艶美である。 境内には他にもエドヒガンザクラの巨樹も見られる。

撮影後記

 利府町役場の向かいにある妙心寺派の禅寺です。 縁起などは不詳ですが、臨済宗の楊岐派に関係があるのでしょう。
 はじめ、その他の桜で紹介したエドヒガン(だったような記憶)の巨樹を種蒔きザクラかと勘違いして、一生懸命に撮影していました。 ふと脇を見ると、小柄な樹冠のシダレザクラの脇に標柱が立っていて、こっちが目的のサクラだとようやく理解しました。 大枝は殆ど失われていますが、しかし、よくよく幹を見れば古木の風格が感じられます。 今のところ指定をうけていないようですが、天然記念物レベルのサクラだと思います。 向かいの墓地の縁に立っているエドヒガンも、なかなか見事でした。

更新履歴

2013年8月31日
初版をアップロードしました。
2013年12月31日
携帯電話・スマートフォン専用壁紙を休止しました。

楊岐寺の種まきザクラ紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野