東六番丁小学校の桜

宮城屈指の名桜

仙台市立東六番丁小学校校庭に立つエドヒガンの大木。1654年、東照宮の仮宮跡であった当地に植えられ、明治16年の学校移転以来、学校のシンボルとなった。土井晩翠作詞の校歌に歌われ、県下屈指の名桜と云えよう。

東六番丁小学校の桜

東六番丁小学校の桜について

基本情報

呼称
東六番丁小学校のヒガンザクラ(ひがしろくばんちょうしょうがっこうのひがんざくら)
別称
東六番丁小学校の桜、東六番丁小学校のエドヒガン桜
樹種
江戸彼岸桜
樹齢
推定380年 - 東六番丁小学校ウェブサイト。
推定300年 - 現地樹名板。
推定300年以上 - 平成3年 環境庁調査報告書。
樹形
幹周4.0m, 樹高10m, 枝張14.8m - 平成3年 環境庁調査報告書。
指定
市保存樹木 - 昭和50年 仙台市指定。
見頃
例年4月中旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
専用駐車場なし
所在地
仙台市青葉区宮町1丁目2-1(海抜38m)
サイト
仙台市立東六番丁小学校

概要

仙台市青葉区宮町の仙台市立東六番丁小学校の校庭に植生しているエドヒガンザクラで、市の保存樹木に指定されている。 この地は、承応三年(1654年)、仙台藩二代藩主・伊達忠宗公が東照宮を建立するため、日光東照宮から御神体を迎えた際に設けた御旅宮跡(仮宮跡)といわれ、その折に植えられたものと伝わる。 明治16年、現在地に東六番丁中等科小学校として移転された際には既に大木であり、土井晩翠先生作詞の校歌二番に「ああも大きく育つもの」と歌われ、県下屈指の名桜と呼ぶにふさわしい。 以来百有余年、児童生徒達の移り変わりを観望してきた小学校のシンボルである。

撮影後記

 いやぁ、素晴らしい一本に思いがけず出会えました、それもビルに囲まれた場所で。 既読の写真集や雑誌などでも、このサクラの存在は知りませんでした。 都心にある小学校なので、児童の安全等を考慮し、あえてメディアの取材等での宣伝は控えているのかもしれません。 ここまでの古桜がグラウンドに立っている学校って、他にありましたっけ。
 学校のホームページには、過去の写真が掲載されていました。 明治時代の写真では、今では上部が失われている樹幹が空高くまで直立し、木造校舎と比較しても、既に相当な大木であったことが推測できます。 市の保存樹木に指定された昭和50年では、今のような大きな樹冠はなく、見るも哀れな様相です。 今では枝が張り出し、樹勢が回復しているようでなによりです。

更新履歴

2013年10月9日
初版をアップロードしました。
2013年12月31日
携帯電話・スマートフォン専用壁紙を休止しました。
2014年1月1日
一部の無料壁紙を会員限定の閲覧に制限しました。

東六番丁小学校のヒガンザクラ紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野