袋川原前の種まき桜

鴬沢最大の巨桜

栗原市鴬沢地区の袋川原前の二迫川左岸の草地に、根周6.5メートルの鴬沢地区最大のエドヒガンザクラが自立し、市の天然記念物に指定されている。この花が咲くころになると種籾を蒔いて苗代づくりをしてきたという。

袋川原前の種まき桜

袋川原前の種まき桜について

基本情報

呼称
袋川原前の種まき桜(ふくろかわはらまえのたねまきざくら)
別称
袋川原前の東彼岸桜
樹種
江戸彼岸桜
樹齢
推定200年~299年 - 平成3年 環境庁調査報告書。
樹形
根周6.5m、樹高15m - 平成22年 広報くりはら。
幹周5.7m、樹高13m、枝張22m - 平成3年 環境庁調査報告書。
指定
栗原市指定天然記念物 - 昭和55年 旧鴬沢町指定。
見頃
例年4月中旬から4月下旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
専用駐車場なし
所在地
宮城県栗原市鴬沢袋川原前(海抜30m)

概要

栗原市鴬沢地区の袋川原前の二迫川左岸の草地に、一本のエドヒガンザクラが自立している。 根周6.5メートルに及ぶ鴬沢地区最大級の巨樹で、栗原市の天然記念物に指定されている。 周囲の農家では、この花が咲くころになると稲の種籾を蒔いて苗代づくりをしてきたという。 農事暦の役割を担ってきたことから、「種まき桜」と呼ばれている。

撮影後記

 旧鴬沢町には2本の天然記念物に指定されている東彼岸桜(江戸彼岸桜のこと)があります。 1本はこの袋地区のもので、もう一本は二迫川を上流側に行った北郷地区にあります。 袋地区の方が幹周が太く、それに相応して樹齢も古そうです。 北郷地区の個体に比べて全体的に花付きが貧相で枝折れも目立ち、樹勢が衰退しているようでした。

更新履歴

2018年7月9日
初版をアップロードしました。

袋川原前の種まき桜紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野