横田城跡の桜

彼岸桜と山桜

遠野市松崎町の鎌倉時代初期に阿曽沼氏によって築かれた山城である横田城主郭跡に、樹齢300年以上のエドヒガンとヤマザクラの巨樹が隣接して自立している。共に市の指定天然記念物及び遠野遺産に認定されている。

横田城跡の桜

横田城跡の桜について

基本情報

名称
横田城跡のヒガンザクラ(よこたじょうあとのひがんざくら)
別称
護摩堂の桜
樹種
江戸彼岸桜
樹齢
推定300年 - 平成22年 遠野市ウェブサイト。
推定300年以上 - 現地解説板。
推定300年以上 - 平成3年 環境庁調査報告書。
樹形
幹周4.6m、樹高17m - 平成22年 遠野市ウェブサイト。
幹周4.6m、樹高17m、枝張19m - 現地解説板。
幹周4.15m、樹高30m、枝張16.5m - 平成3年 環境庁調査報告書。
指定
市指定天然記念物 - 平成9年 遠野市指定。
見頃
例年4月下旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
専用駐車場なし
所在地
岩手県遠野市松崎町光興寺8地割(標高310m)

基本情報

名称
横田城跡のヤマザクラ(よこたじょうあとのやまざくら)
別称
護摩堂の桜
樹種
山桜
樹齢
推定300年 - 平成22年 遠野市ウェブサイト。
推定300年以上 - 現地解説板。
推定300年以上 - 平成3年 環境庁調査報告書。
樹形
幹周4.7m、樹高16m - 平成22年 遠野市ウェブサイト。
幹周4.5m、樹高16m、枝張18m - 現地解説板。
幹周4.10m、樹高30m、枝張16m - 平成3年 環境庁調査報告書。
指定
市指定天然記念物 - 平成9年 遠野市指定。
見頃
例年4月下旬から5月上旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
専用駐車場なし
所在地
岩手県遠野市松崎町光興寺8地割(標高310m)

概要

遠野市松崎町の護摩堂山と猿ヶ石川の天然の要害を利用した横田城主郭跡に、推定樹齢300年以上のエドヒガンザクラとヤマザクラの巨樹が隣りあって自立し、共に市の天然記念物に指定されている。 横田城は鎌倉時代初期に阿曽沼氏によって築かれた山城で、天正年間(1573~1592年)に鍋倉山へ城を移すまで遠野地方の政治的中心地であった。 北東と南西側が沢で北西側が空堀で区切られている。 建武元年(1334年)南部師行が巡検した際に大御堂が建立されたが、その後焼失し現在は薬師堂のみが残っている。 郷土の誇りとして継承していくべきことから「横田城跡及び彼岸桜と山桜」として遠野遺産に認定されている。

撮影後記

 最初に訪れた際に、間違って反対側からアプローチしてしまい、谷を越え藪をかき分け樹林を抜け、ようやくたどり着きました。 そういった経緯があるためか、この場所は柳田國男の「遠野物語」の世界そのもの。 俗世から隔離されたここのサクラは、枝振りも然ることながら野武士のような無骨さや、霊気さえ感じさせてくれました。

更新履歴

2017年7月10日
初版をアップロードしました。

横田城跡の桜紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野