篠神社の桜

お室様の桜

遠野市小友町土室の篠神社に自立している一本のエドヒガンザクラである。樹齢300年以上の老木で、遠野遺産に登録されている。桜は開拓記念として植えられたものと伝えられ、「お室様の桜」と呼び親しまれている。

篠神社の桜

篠神社の桜について

基本情報

名称
篠神社の桜(しのじんじゃのさくら)
別称
お室様の桜
樹種
江戸彼岸桜
樹齢
推定300年以上 - 平成3年 環境庁調査報告書。
樹形
幹周4.32m、樹高15m、枝張17m - 平成3年 環境庁調査報告書。
指定
遠野遺産 - 平成21年 遠野市登録。
見頃
例年5月上旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
専用駐車場なし
所在地
岩手県遠野市小友町49地割121(標高440m)

概要

遠野市小友町土室の篠神社に自立している一本のエドヒガンザクラ。 幹周4.32メートル、推定樹齢300年以上の老木で、「お室様の桜」と呼び親しまれている。 桜は開拓記念として植えられたものと伝えられる。 葛西の浪士がこの地に潜伏して旅人などを襲ったので、寛永5年(1628年)南部家士杉岡如意勝嘉が説得して帰順させた後、寛永8年(1631年)武器を埋め、その上に社を建てて篠権現と称した。 維新後、土室神社と改称し少彦名命を祀るが、後に巖龍神社に合祀されている。 「篠神社と桜」として遠野遺産に登録されている。

撮影後記

 遠野市街地より標高が200メートルほど高い小友町の山間に拓けた場所に位置しているため、他所の名桜よりも開花は遅れます。 小友町大黒沢の伊豆権現神社のイヌザクラを除けば、市内で最も遅く咲く名桜なのかもしれません。
 なお、環境庁調査報告書に記載されていた「お室様の桜」に同定しましたが、所在地が隣集落の小友町川口であるため、「篠神社の桜」とは異なるサクラの可能性があります。

更新履歴

2017年7月17日
初版をアップロードしました。

篠神社の桜紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野