中川目のヒガン桜

老木

花巻市東和町北川目の小田家の屋敷林に一本のエドヒガンザクラが自立し、「中川目の彼岸桜」と呼ばれている。幹周5.3mに及び樹齢は300年以上。市の天然記念物に指定されているが、上部枯損が目立つ老木である。

中川目のヒガン桜

中川目のヒガン桜について

基本情報

呼称
中川目のヒガン桜(なかかわめのひがんざくら)
樹種
江戸彼岸桜
樹齢
推定300年以上 - 平成3年 環境庁調査報告書。
樹形
幹周5.3m、樹高30m、枝張20m - 平成3年 環境庁調査報告書。
指定
市指定天然記念物 - 昭和46年 旧東和町指定。
見頃
例年4月中旬から4月下旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
専用駐車場なし
所在地
岩手県花巻市東和町北川目3区(標高130m)

概要

花巻市東和町北川目の小田家の屋敷林に一本のエドヒガンザクラが自立している。 幹周5.30メートルに及び樹齢は300年以上と推定され、「中川目の彼岸桜」と呼ばれている。 市の天然記念物に指定されているが、上部枯損が目立つ老木である。

撮影後記

 花巻市の天然記念物に指定されてはいますが、折損したままの満身創痍の状態でした。 平成3年の環境庁調査報告書によれば、樹高30メートル、枝張20メートルと記載されてましたが、現在はその半分にも満たなく、早急に保護が必要である名桜であります。

更新履歴

2018年2月24日
初版をアップロードしました。

中川目のヒガン桜紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野