作エンのさくら

作右衛門の桜

大仙市太田町にある藤沢家に「作エンの桜」と呼ばれる樹齢300年のシダレザクラが自立し、市の天然記念物に指定されている。屋号の作右衛門に由来し、角館の佐竹氏に勉学の進講をした際に、下賜されたものと伝わる。

作エンのさくら

作エンのさくらについて

基本情報

呼称
作エンのさくら(さくえんのさくら)
樹種
江戸彼岸の枝垂桜
樹齢
推定300年以上 - 現地解説柱。
推定100年~199年 - 平成3年 環境庁調査報告書。
樹形
幹周3.31m、樹高13m、枝張26.5m - 平成3年 環境庁調査報告書。
指定
大仙市指定天然記念物 - 平成元年 旧太田町指定。
見頃
例年4月下旬頃
夜桜なし
ライトアップなし
駐車場
専用駐車場なし
所在地
秋田県大仙市太田町国見(海抜55m)

概要

大仙市太田町国見にある藤沢家の屋敷地に「作エンの桜」と呼ばれるシダレザクラが自立している。 名称は屋号の作右衛門(さくえもん)に由来し、先祖が角館の佐竹氏に勉学の進講をした際に、佐竹氏から褒美として下賜されたものと伝えられている。 角館の武家屋敷のサクラと並び、樹齢は300年を超えると推定され、市の天然記念物に指定されている。

撮影後記

 大仙市の旧太田町地区には「戊辰戦争史跡しだれ桜」「壱本木の種蒔桜」そして「作エンの桜」の三本のエドヒガンの古桜があります。 作エンの桜を撮影したのは5月中旬と、時期的にピーク過ぎになってしまったので、色抜けして葉が目立っていました。 あと壱本木の種蒔桜を撮影していなかったのですが、残念ながら昨年の台風で壊滅的な状態となってしまったとのことで、ピーク過ぎだとしても、この年に撮影しとくべきでした。

更新履歴

2018年10月23日
初版をアップロードしました。

作エンのさくら紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野