内船寺のサクラ

枝垂桜と山桜

南巨摩郡南部町の日蓮宗内船寺には、樹齢200年のシダレザクラが存在し、大きく枝が張り出し、背景の伽藍に調和する艶美な一本である。また、参道横にもヤマザクラの古木が見られ、シダレに若干遅れて満開となる。

内船寺のしだれ桜

内船寺のしだれ桜について

基本情報

名称
内船寺のしだれ桜(ないせんじのしだれざくら)
樹種
江戸彼岸の枝垂桜
樹齢
推定200年 - 富士の国やまなしウェブページ。
見頃
例年3月下旬から4月上旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
参拝者無料駐車場あり
所在地
山梨県南巨摩郡南部町内船3599(標高210m)
開花状況
正住山内船寺

基本情報

名称
内船寺のヤマザクラ(ないせんじのやまざくら)
樹種
山桜
見頃
例年4月上旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
参拝者無料駐車場あり
所在地
山梨県南巨摩郡南部町内船3599(標高200m)

概要

南巨摩郡南部町の日蓮宗内船寺には、シダレザクラとヤマザクラの古木が存在する。 樹齢200年といわれる山門下に自立しているシダレザクラは、大きく枝が張り出し、背景の伽藍に実に調和する艶美な一本である。 参道横に自立しているヤマザクラの古木は、シダレザクラに若干遅れて満開となる。

撮影後記

 日蓮聖人の篤い帰依者であった四條頼基が、建治三年(1278年)邸内に持仏堂を建てたのがはじまりとされる日蓮宗寺院。 寛政と安政年間に火災に遭った為に、伽藍はその後の建立です。 サクラが絶妙の位置に立っているので、背景の伽藍とよく調和して絵になる寺観ですが、其れゆえに根元周囲がコンクリートに囲まれ、通行する車の踏圧で樹勢衰退が気になっているとのことです。

更新履歴

2019年2月6日
初版をアップロードしました。

内船寺のサクラ紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。



おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野