北原金峰山のサクラ

枯死寸前

山梨市牧丘町北原の金峰山洞雲寺横の塚に立っているエドヒガンザクラ。樹齢400年の老桜で、樹幹内部には空洞が見られ、大枝小枝共に欠損し、枯死寸前である。昭和35年には山梨県の天然記念物に指定された名桜である。

北原金峰山のサクラ

北原金峰山のサクラについて

基本情報

呼称
北原金峰山のサクラ(きたはらきんぷさんのさくら)
別称
金峰山のサクラ
樹種
江戸彼岸桜
樹齢
推定400年 - 平成24年 山梨県公式観光情報サイト。
樹形
樹高16m、幹周4.0m - 平成12年 環境省調査結果。
樹高11m、幹周4.35m、枝張11.4m - 平成25年 山梨市サイト。
指定
県天然記念物 - 昭和35年 山梨県指定。
見頃
例年4月中旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
専用駐車場なし - 付近に駐車スペースあり。
所在地
山梨県山梨市牧丘町北原1477(標高860m)

概要

山梨市牧丘町北原の金峰山洞雲寺横の小高い塚の麓に立っているエドヒガンザクラ。 推定樹齢400年の老桜で、樹幹内部には空洞が見られ、大枝小枝共に欠損し、枯死寸前である。 平成12年の環境省調査結果では樹高16mあり、近年急速に老衰が進行しているようである。 昭和35年には山梨県の天然記念物に指定された名桜で、往時の姿が偲ばれる。

撮影後記

 以前アップした「洞雲寺の江戸彼岸桜」の洞雲寺付近にあるサクラです。 金峰山と呼ばれている小高い丘には、石鳥居や石碑が立ち石垣も残っていました。 かつての寺域で、洞雲寺の鎮守が祀られていたのでしょうか。 枯れ死寸前で、県の天然記念物なので、一応掲載しときます。 このまま樹勢が回復しなければ、いつか指定解除されてしまいそうです。

更新履歴

2013年1月6日
初版をアップロードしました。
2013年12月31日
携帯電話・スマートフォン専用壁紙を休止しました。
2014年8月5日
登録カテゴリを中部から首都圏に移動しました。

北原金峰山のサクラ紀行のコメント

コメント欄

お花見シーズン到来なのに、近所の公園の桜を眺めて今年も過ごしています。     
せめてデスクトップの壁紙だけでも、綺麗な桜を飾ろうとグーグルで検索をかけたら、あなた様のページに出会いました。      
素敵な桜の画像を頂き、沢山の風景と花を拝見し気持ちがとても和みました。           
ありがとうございます!

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野