円実寺のしだれ桜

数本の古桜

身延町波木井の円実寺には樹齢300年のシダレザクラが数本見られる。山門脇の石垣上と墓地に自立している2本は、特に古木の風格がある。桜越しには富士川の流れが望める。

円実寺のしだれ桜

円実寺のしだれ桜について

基本情報

名称
円実寺のしだれ桜(えんじつじのしだれざくら)
樹種
江戸彼岸の枝垂桜
樹齢
推定300年 - 身延町ウェブサイト。
見頃
例年3月下旬から4月上旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
無料駐車場あり
所在地
山梨県南巨摩郡身延町波木井1132(標高210m)

概要

身延町波木井の円実寺境内には推定樹齢300年のシダレザクラが数本見られる。 山門脇の石垣の上と墓地に自立している2本は、特に樹幹も太く古木の風格がある。 樹勢は極めて旺盛で、桜越しには富士川の流れが望める。 波木井山円実寺は波木井実長(南部実長)の本城跡とも伝わり、日蓮聖人が身延山入山の際に休まれた霊場である。

撮影後記

 久遠寺を撮影した次に向かったのがココです。 久遠寺西側の富士川西岸に位置する波木井という場所です。 日蓮聖人に身延全山を寄進した南部実長(波木井実長)の本拠地だったのでしょう。 墓地からの景観が素晴らしく、太陽が後ろにまわる午後にも再訪しようかと考えていたのですが、他所の身延の名桜巡りでいっぱいいっぱいで、再訪は叶いませんでした。

更新履歴

2014年8月28日
初版をアップロードしました。

円実寺のしだれ桜紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野