高楽寺の桜姫

姫さまの市女笠

八王子市狭間町の高楽寺境内に立つ樹齢200年ともいわれるベニシダレザクラ。満開の姿は、笠をかぶったお姫様に似ていることから「桜姫」とも呼ばれている。宵になるとライトアップされ妖艶な姿を呈する。

高楽寺の桜姫

高楽寺の桜姫について

基本情報

呼称
高楽寺の桜姫(こうらくじのさくらひめ)
別称
高楽寺の姫桜(ひめざくら)、高楽寺のしだれ桜、高楽寺の桜
樹種
江戸彼岸の枝垂桜
樹齢
推定200年 - 現地解説板。
樹形
幹周4m、樹高15m - 現地解説板。
見頃
例年3月下旬から4月上旬頃
夜桜
ライトアップあり
駐車場
無料駐車場あり
所在地
東京都八王子市狭間町1868(標高180m)

概要

八王子市狭間町の高楽寺境内に立つ樹齢200年ともいわれるベニシダレザクラ。 満開の姿は、笠をかぶったお姫様に似ていることから「桜姫」とも呼ばれている。 高楽寺は、1533年(天文二年)、観応により創建された。 真言宗智山派に属し、高尾山薬王院の直末寺として本尊不動明王を安置する。 宵になるとライトアップされ妖艶な姿を呈する。

撮影後記

 八王子の数ある名桜のなかで、最も艶美だと感じた一本です。 樹冠が、お姫さまが花笠や市女笠をかぶったようなので、「桜姫」と称せられるそうです。 また、白壁の外の地面にまで届かんばかりに紅色の桜花を垂れるさまは、つるし雛のような美しさです。
 御覧のように住宅街の中にあり、東側に高層マンションが建っているので、撮影するならの午後の方が光線状態がいいです。 西側には、西日を隔てるものがないため、夕方まで美しい姿が見られます。 後日、知ったのですが、東側の町田街道側の高台からも望めるそうです。

更新履歴

2012年7月8日
初版をアップロードしました。
2013年12月31日
携帯電話・スマートフォン専用壁紙を休止しました。
2014年1月1日
一部の無料壁紙を会員限定の閲覧に制限しました。

高楽寺の桜姫紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野