矢野口のヤマザクラ

墓守桜

日光市矢野口の農林公園に一本のヤマザクラの古木が自立している。根本には池田家の墓塔が並び、「墓守桜」として奥都城に祀られた一族の祖霊を鎮めているかのようである。

矢野口のヤマザクラ

矢野口のヤマザクラについて

基本情報

名称
矢野口のヤマザクラ(やのくちのやまざくら)
樹種
山桜
見頃
例年4月中旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
無料駐車場あり
所在地
栃木県日光市矢野口(標高270m)

概要

日光市矢野口の農林公園に一本のヤマザクラの古木が自立している。 株立ち状に立ちあがって、南側の大枝は腐朽して朽ち果てている。 他の常緑樹と共生し、枝には着生直物や蔦が絡みついている。 根本には池田家の墓塔が並び、「墓守の桜」として奥都城に祀られた一族の祖霊を鎮めている。

撮影後記

 日光市には数多くの天然記念物に指定されたサクラがありますが、この矢野口のヤマザクラはそれほど大木ではないことから指定されていません。 満身創痍の姿、そして鑑賞用のサクラでもないことから、無論花見客などの姿はありません。 それでも魅せられるものがあり、位置を変えアングルを変えて結構な時間を割いて撮影に没頭しました。

更新履歴

2018年3月9日
初版をアップロードしました。

矢野口のヤマザクラ紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野