磯上の山桜

栃木屈指の山桜巨樹

樹齢300年、樹高17m、幹周4.3m、枝張り東西20.3m南北24.5mのヤマザクラ。県内屈指の山桜の巨樹で幹に特徴がある。県の天然記念物に指定されている。

磯上の山桜のライトアップ

磯上の山桜について

撮影後記

 この山桜の幹は、多くのコブを伴い捩れるようになっていて、男性的であり、女性的でもあります。 官能的な幹にしばし見入ってしまいました。
 訪問したのは、大型連休が目前にせまるころ。 四月に入ってから寒の戻りがあり、開花が遅れました。 例年は4月20日ごろだそうです。
 地元有志の方によるライトアップもあり、誰もいませんでしたが、地元の方に愛されていることを察しながら辞しました。

歴史・概要

樹齢300年、樹高17m、幹周4.3m、枝張り東西20.3m南北24.5mのヤマザクラ。 大田原市北部にある両郷(磯上)の八溝登山口、一の鳥居の脇に立つ。 地上約4メートルで二つに分かれ、その枝もまた二~三枝に分かれ、枝を大きく広げて傘状になる。 県内屈指のやまざくら巨樹で、堂々とした風格がある。 花は白色中輪で、若葉は表面に微毛がある。 県の天然記念物に指定されている。 見ごろは4月20日前後。

所在地: 栃木県 大田原市両郷

更新履歴

2010年8月19日
初版をアップロードしました。
2013年12月31日
携帯電話・スマートフォン専用壁紙を休止しました。
2014年1月1日
一部の無料壁紙を会員限定の閲覧に制限しました。

磯上の山桜紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野