石戸蒲ザクラ

国指定天然記念物

北本市石戸の東光寺には、エドヒガンとヤマザクラの雑種である樹齢800年の老桜があり、開基の蒲冠者に因み、「蒲桜」と称される。大正11年に国の天然記念物に指定された大桜のひとつで、「日本五大桜」と讃えられた。

石戸蒲ザクラ

石戸蒲ザクラについて

基本情報

呼称
石戸蒲ザクラ(いしとかばざくら)
樹種
蒲桜(江戸彼岸桜と山桜の種間雑種)- 現地解説板。
江戸彼岸桜 - 平成3年 環境庁調査報告書。
樹齢
推定800年 - 北本市ウェブページ。
推定300年以上 - 平成3年 環境庁調査報告書。
樹形
根周7.41m、株周6.6m、樹高14m
株周6.55m、主幹周3.4m、樹高15m、枝張15m - 平成3年 環境庁調査報告書。
根周11m - 大正11年 現地解説板。
指定
国天然記念物 - 大正11年 日本国文部省指定。
見頃
例年4月上旬頃
夜桜
ライトアップあり
駐車場
無料駐車場あり - 子供公園見学者用駐車場利用。
所在地
埼玉県北本市石戸宿3丁目119(海抜25m)
サイト
北本市

概要

北本市石戸の東光寺境内には、国指定天然記念物の老樹のサクラが立っている。 大正11年当時、幹が4本に分かれ、根周り11メートルに及んだといい、当時指定された他地域の大桜(山梨の山高神代桜、福島の三春滝桜、静岡の狩宿下馬桜、岐阜の根尾谷淡墨桜)と並び称して、「日本五大桜」と讃えられた。 しかしながら、戦後になると樹勢が衰退し、現在では4本あったうちの1本と株から傍芽した幹が成長している。 伝説では、東光寺開基とされる蒲冠者(かばのかじゃ)・源範頼が、鞭にしていた桜の枝を地面に逆さに挿したのが、萌芽してこのサクラになったと伝わる。 樹種はエドヒガンとヤマザクラの自然交配した雑種で、蒲冠者にちなみ、和名「カバザクラ」と命名されている。 滝沢馬琴「玄同放言」に渡辺崋山が挿絵を描いたものが見られ、江戸時代後期には既に大桜であったことが分かる。

撮影後記

 ネットの開花状況から予想はしていましたが、ピークは完全に過ぎていて、写真的には喜ばしくない状態でした。 それでも、ヤマザクラの血も入っていることなので、もう少しヤマザクラっぽく展葉が進んで美しいものかと淡い期待を抱いていたら、エドヒガン終盤の美しいとはいえない状態でガッカリ。 このサクラは、姿はエドヒガンっぽくて、開花時期は早咲きの特徴が失われています。 まぁ、それでも折角ここまで来たので、サクラ全体に光がまわるまで待ちました。

更新履歴

2014年8月13日
初版をアップロードしました。

石戸蒲ザクラ紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野