土佐原のしだれ桜

寄の五大しだれ筆頭

足柄上郡松田町寄地区の五地域には、それぞれ見事なシダレザクラがあり、「寄の五大しだれ桜」と称されている。土佐原集落の民家庭先に植栽されているサクラは、その筆頭株であり、毎年多くの花見客が訪れる。

土佐原のしだれ桜

土佐原のしだれ桜について

基本情報

名称
土佐原のしだれ桜(とさはらのしだれざくら)
別称
寄のしだれ桜、岡部桜
樹種
江戸彼岸の枝垂桜
樹齢
推定230年 - 松田町公式観光ポータルサイト。
樹形
幹周2.5m、樹高12m、枝張14m - 神奈川新聞。
見頃
例年4月上旬頃
夜桜
ライトアップあり
駐車場
専用駐車場なし
所在地
神奈川県足柄上郡松田町寄(標高370m)
サイト
松田町風景さんぽ

概要

足柄上郡松田町寄(やどりき)地区の土佐原集落の民家に植栽されているシダレザクラ。 町内最古のサクラといわれ、岡部家の庭先に立っているため集落では、「岡部桜」とも称されている。 寄地区の土佐原をはじめ、宇津茂、中山、萱沼、虫沢の五地域には、それぞれ見事なシダレザクラがあり、「寄の五大しだれ桜」と称されている。 開花期間には、「寄しだれ桜まつり」が開催され、土佐原のしだれ桜をメインに五大しだれ桜を巡るお花見ウォーキングが行われる。 地域活性化になればと、やどりき桜の会が中心となりはじまったものである。

撮影後記

 近年、ローカル新聞等に掲載されるようになってから、じわじわと人気がでてきた名桜です。 所有者の岡部さんとお話したら、テレビ局の撮影の予約も入っているそうで、ますます知名度が上がりそうです。 神奈川って一本桜の古木が少なく、ましてロケーションが素晴らしいですから、県下ではとても貴重な一本だと思います。
 撮影後、寄のしだれ桜の他四本は、まだまだ若木のようでしたので、撮影せずに秦野の白泉寺のしだれ桜に向かいました。 この辺りは昔なじみの土地勘があるので、一旦246に出なくても最短ルートで辿り着けるので助かります。

更新履歴

2013年10月8日
初版をアップロードしました。
2013年12月31日
携帯電話・スマートフォン専用壁紙を休止しました。
2014年1月1日
一部の無料壁紙を会員限定の閲覧に制限しました。

土佐原のしだれ桜紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野