長興山のシダレザクラ

稲葉正則

小田原市の長興山紹太寺境内に立つ樹齢300年以上のシダレザクラで、「かながわの名木100選」に指定されている神奈川県を代表する銘桜である。小田原藩主 稲葉正則が、現在地に移建したときに植えられたと伝えられる。

長興山のシダレザクラ

長興山のシダレザクラについて

基本情報

呼称
長興山のシダレザクラ(ちょうこうざんのしだれざくら)
樹種
江戸彼岸の枝垂桜
樹齢
推定300年 - 昭和59年 現地解説碑。
推定300年以上 - 平成3年 環境庁調査報告書。
樹形
幹周3.8m、樹高13m - 昭和59年 現地解説碑。
幹周3.80m、樹高13m、枝張18m - 平成3年 環境庁調査報告書。
指定
市天然記念物、かながわの名木100選
見頃
例年4月上旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
有料駐車場あり - 公共交通機関利用が望ましい。
所在地
神奈川県小田原市入生田303(標高160m)
サイト
長興山紹太寺

概要

小田原市の紹太寺(しょうたいじ)境内に立つ推定樹齢300年以上のシダレザクラ。 かながわの名木100選に指定されている、県を代表する銘桜である。 黄檗宗長興山紹太寺は、江戸時代初期の小田原藩主だった稲葉氏一族の菩提寺で、江戸時代には七堂伽藍が整えられ、黄檗宗では関東一の禅刹であった。 当初は小田原城下山角町にあったが、第2代藩主 稲葉正則が、1669年(寛文九年)に現在地に移建し、父母と祖母である春日局の菩提を弔った。 そのとき、「春を忘れぬ形見に」と、稲葉正則が植えた伝えられる。 江戸時代には「櫻珞櫻」と呼ばれ、稲葉氏一族の墓所入口に刻字された石標が残っている。

撮影後記

 神奈川県下一の名桜と呼んでいいでしょう。 小田原駅から箱根登山鉄道で箱根方面へ、箱根湯本のひとつ手前の駅である入生田の紹太寺にある一本桜です。 茅葺きの本堂のある場所からは、三百段以上の石段を上った先にあります。 結構な人気のようで、朝早いにも関わらず、多くの観桜客が訪れていました。 もう少し雲が割れるのが早ければ、もっと良い作品になったのですが、こればかりはしょうがないですね。

更新履歴

2012年8月18日
初版をアップロードしました。
2013年12月31日
携帯電話・スマートフォン専用壁紙を休止しました。
2014年1月1日
一部の無料壁紙を会員限定の閲覧に制限しました。

長興山のシダレザクラ紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野