慶龍寺のしだれ桜

泉子育観音

つくば市泉の慶龍寺には、樹齢150年といわれるシダレザクラをはじめ多数のサクラが植栽されている。寺号よりも「泉子育観音」として関東一円に知られる名刹であり、開花時期には花見名所として参拝者が絶えない。

慶龍寺のしだれ桜

慶龍寺のしだれ桜について

基本情報

名称
慶龍寺のしだれ桜(けいりゅうじのしだれざくら)
別称
泉子育観音のしだれ桜
樹種
江戸彼岸の枝垂桜
樹齢
推定150年 - 住職の話。
見頃
例年3月下旬から4月上旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
無料駐車場あり
所在地
茨城県つくば市泉2348(海抜15m)
開花状況
泉子育観音慶龍寺

概要

つくば市泉の慶龍寺には樹齢150年といわれるシダレザクラをはじめソメイヨシノなどが植栽され、花見名所として参拝者が絶えない。 慶龍寺は真言宗豊山派に属する。 本尊の子育出世正観世音菩薩は「泉のお観音様」と多くの人々に慕われている。 寺号よりも泉子育観音として関東一円に知られる名刹である。

撮影後記

 つくば市の名桜のなかでも比較的人気があるらしく写真愛好家の方も他にいました。 つくば市周辺では初の出来事でしたので。 地元カメラマンの方や御住職と桜談義などをして、まったりと撮影しました。 花見以外にも猫住職もいて楽しめます。

更新履歴

2018年2月27日
初版をアップロードしました。

慶龍寺のしだれ桜紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野