偕楽園の桜

左近の桜

水戸市の偕楽園には数多くの名桜が存在する。なかでも京都御所から下賜された「左近の桜」と呼ばれるヤマザクラは由緒ある一本桜である。他にも四季桜の一種「二季咲桜」や、好文亭前にも古桜が植栽されている。

偕楽園の桜

偕楽園の桜について

基本情報

呼称
偕楽園の左近の桜(かいらくえんのさこんのさくら)
樹種
山桜
樹齢
60年 - 昭和38年植樹。
樹形
幹周3.84m、樹高16m - 現地解説板。
幹周m、樹高m、枝張m - 平成3年 環境庁調査報告書。
見頃
例年4月上旬から4月中旬頃
夜桜
ライトアップあり
駐車場
無料駐車場あり
所在地
茨城県水戸市常磐町1丁目3-3(海抜22m)
サイト
偕楽園

基本情報

名称
好文亭の山桜(こうぶんていのやまざくら)
樹種
山桜
樹齢
推定200年~299年 - 平成3年 環境庁調査報告書。
樹形
幹周3.7m、樹高12m、枝張10m - 平成3年 環境庁調査報告書。
見頃
例年4月上旬から4月中旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
無料駐車場あり
所在地
茨城県水戸市常磐町1丁目3-3(海抜22m)

基本情報

呼称
偕楽園のの二季咲桜(かいらくえんのにきざきざくら)
樹種
四季桜の一種(豆桜×江戸彼岸桜)
見頃
例年4月上旬から4月中旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
無料駐車場あり
所在地
茨城県水戸市常磐町1丁目3-3(海抜22m)

概要

国の史跡及び名勝に指定されている水戸市の偕楽園には数多くの名桜が存在する。 なかでも本園見晴広場に自立している「左近の桜」と呼ばれるヤマザクラは高名である。 天保2年(1831年)水戸藩主徳川斉昭の正室である登美宮吉子(徳川慶喜の母)は、水戸家に御降嫁されるにあたり、仁考天皇から京都御所紫宸殿の左近の桜の苗蘖(ひこばえ)を下賜され、江戸小石川の水戸藩邸(後楽園)に植えられた。 そして天保12年(1841年)弘道館の落成にあたり、弘道館正庁玄関前に植栽された。 その後に初代と二代目は枯死してしまった。 現在の桜樹は三代目で、昭和38年の修復工事が完了したのを記念して、京都御所左近の桜の系統の苗(樹齢7年)を宮内庁からいただき、再びここに植えられたものである。 他にも、秋から冬にかけてと春に咲く二季咲き桜の古木も植栽されている。 この個体は水戸藩士久米某氏邸にあったものを移植したものと伝わり、現在のものは二代目である。 さらに、好文亭前にもヤマザクラの古木が自立している。

撮影後記

 金沢市の兼六園や岡山市の後楽園と並んで日本三名園の一つに数えられる水戸市の偕楽園。 「水戸の梅まつり」で全国的に有名ですが、ウメが終わってもサクラもイケます。 兼六園は確か朝の4時に開園されますが、ここも早くて6時開門ということで、早朝から撮影してきました。
 平成3年の巨樹・巨木林調査の環境庁調査報告書には、幹周5.2m(主幹4.0m)のヤマザクラも記載されていましたが、枯死寸前とあり苑内で確認できませんでした。 また、早朝であるために好文亭が開放されておらず目通り観察できなかった為、「好文亭の山桜」のデータが、環境庁調査報告書の幹周3.7mのヤマザクラに同定されるかも確信はありません。

更新履歴

2017年月日
初版をアップロードしました。

偕楽園の桜紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野