忠治地蔵1本桜

国定忠治処刑場跡

国定忠治が処刑された場所が、吾妻郡東吾妻町大戸にある。大衆に愛され、文久元年(1861年)処刑場跡に地蔵が建立され、傍らにエドヒガン桜を植樹したと伝わる。以来、草津街道を往来する人々を見守ってきた。

忠治地蔵1本桜

忠治地蔵1本桜について

基本情報

呼称
忠治地蔵1本桜(ちゅうじじぞういっぽんざくら)
別称
忠治地蔵の桜、国定忠治処刑場跡のエドヒガン
樹種
江戸彼岸桜
樹齢
推定100年~199年 - 平成3年 環境庁調査報告書。
樹形
幹周3.95m、樹高18m、枝張17m - 平成3年 環境庁調査報告書。
見頃
例年4月中旬から4月下旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
無料駐車場あり
所在地
群馬県吾妻郡東吾妻町大戸(標高550m)

概要

江戸時代後期の博徒で、天保の大飢饉で農民を救済した侠客として、浪曲や映画などの大衆演劇の題材となった国定忠治。 その忠治が大戸関所破りの罪で磔(はりつけ)にされ処刑された場所が、吾妻郡東吾妻町大戸にある。 大衆に愛され、文久元年(1861年)に処刑場所に地蔵尊が建てられ、傍らに一本のエドヒガンザクラを植樹したと伝えられる。 以来「忠治地蔵1本桜」と呼ばれ、草津街道を往来する人々を見守ってきた。

撮影後記

 いわゆる任侠の世界を生きた国定忠治の終焉地。 殺人など罪名は数多ありましたが、最も重罪である大戸関所破りによりこの地で磔の刑に処せられました。 享年41。 大戸関所は、ここから草津街道を2キロ弱北上した大戸宿の入口にありました。 忠治地蔵には紅い傘衣が被せられ、足元に土瓶の地酒やカップ酒が奉献されていたのが印象的でした。

更新履歴

2018年11月1日
初版をアップロードしました。

忠治地蔵1本桜紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野