高木のしだれ桜

士族墓地のしだれ桜

諏訪湖を見渡すように立っている下諏訪町天然記念物のシダレザクラである。諏訪忠恒公が大阪夏の陣に出陣し、戦勝凱旋した際に持ち帰った苗を藩士に分けた桜と伝わり、「士族墓地のしだれ桜」と呼ばれていた。

高木のしだれ桜

高木のしだれ桜について

基本情報

名称
高木のしだれ桜(たかきのしだれざくら)
樹種
枝垂桜(江戸彼岸桜)
樹齢
推定300年 - 現地解説板。
推定300年以上 - 平成3年 環境庁調査報告書。
樹形
幹周3.4m、樹高19m、枝張20m - 平成20年 長野日報。
幹周3.38m - 現地解説板。
幹周3.7m、樹高11m、枝張15m - 平成3年 環境庁調査報告書。
指定
町天然記念物 - 昭和56年 下諏訪町指定。
見頃
例年4月中旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
専用駐車場なし - 付近に駐車スペースあり
所在地
長野県諏訪郡下諏訪町北高木9441(標高810m)

概要

諏訪郡下諏訪町北高木のみはらし台公園の墓地一画に立っているシダレザクラで、町の天然記念物に指定されている。 諏訪湖を見渡すように立ち、斜面下の道路に届かんばかりに長い枝花を下垂している。 諏訪忠恒公が大阪夏の陣(1615年)に出陣し、戦勝凱旋した際に持ち帰った苗を藩士に分けた桜と伝わり、推定樹齢300年以上の古木である。 忠恒公の父である藩主頼水公は、城から離れた郊外の農村にも武士を置いたため、高木の武士に分け与えたものだろうといい、「士族墓地のしだれ桜」と呼ばれていた。 諏訪市の温泉寺の歴代藩主廟所に続く坂道に植えられているしだれ桜とは種類・樹齢を同じものとすると考えられている。

撮影後記

 諏訪市の温泉寺のシダレザクラと同時期に植えられた都しだれ?だそうです。 温泉寺の古木と比較すると、樹勢旺盛で樹高も高い見栄えがするサクラです。 さらにロケーションも秀でており、下から見上げても、上から眺めても素晴らしいです。 ひとつ残念なのは、高圧鉄塔が目前に立っていること。 ですので、樹冠右側はカットしてあります。

更新履歴

2013年9月17日
初版をアップロードしました。
2013年12月31日
携帯電話・スマートフォン専用壁紙を休止しました。
2014年1月1日
一部の無料壁紙を会員限定の閲覧に制限しました。

高木のしだれ桜紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野