立屋の桜

立屋口留番所役鈴木家

上水内郡小川村立屋の鈴木家墓所に村指定天然記念物のエドヒガンが咲く。天和元年(1681年)立屋口留番所初代の鈴木八右衛門が没すると、墓所に一株のサクラが植えられ、350年以上にわたって墓を守ってきた。

立屋の桜

立屋の桜について

基本情報

名称
立屋の桜(たてやのさくら)
樹種
江戸彼岸桜
樹齢
推定350年 - 平成22年 現地解説板。
推定300年以上 - 平成3年 環境庁調査報告書。
樹形
樹高15m - 平成22年 現地解説板。
幹周3.6m、樹高15m - 立屋・番所の桜を愛する会。
幹周3.0m、樹高14m、枝張10m - 平成3年 環境庁調査報告書。
指定
小川村指定天然記念物 - 昭和54年 小川村指定。
見頃
例年4月下旬頃
夜桜
ライトアップあり
駐車場
無料駐車場あり
所在地
長野県上水内郡小川村小根山8184(標高760m)
開花状況
小川村観光協会

概要

上水内郡小川村立屋に幹周3.6メートルの村指定天然記念物のエドヒガンザクラがある。 信濃国松代藩主の真田信之は、人改め、物資改めのため藩内20箇所に口留番所を設置した。 慶安2年(1649年)善光寺に通じる大町峰街道と戸隠から麻績宿を結ぶ街道が交わる要衝にあった椿峰村に立屋口留番所が設置された。 番所役人が松代藩家老を代々務めた鈴木家から八右衛門が派遣され、明治5年に番所制度が廃止されるまで7代に渡って鈴木家が務めた。 天和元年(1681年)初代八右衛門が没すると墓所に一株のサクラが植えられた。 これが現在の立屋の桜であると鈴木家には伝わっている。 樹下には鈴木家の墓塔が並び、350年以上にわたって墓を守ってきた。

撮影後記

 立屋の桜は番所の桜がある桜山の西外れに自立している一本桜です。 2015年に撮影した際は、鳥害か裏年かで花芽が下方しか付いておらず、北アルプスを入れた構図で撮ってもサマになりませんでした。 というわけで2017年に再訪した次第です。
 撮影に関しては、桜山一帯は観桜客も多いのですが、ほとんど構図の邪魔にならないので、ストレスなく思う存分写真撮影を楽しめます。 北アルプスを入れた構図で撮影するならば午前中までです。 付近の道路に精通している方は、小川村からではなく信州新町方面からアクセスすると、観桜客の対向車に遭遇することなくアクセスできます。

更新履歴

2018年5月15日
初版をアップロードしました。

立屋の桜紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野