金毘羅山の桜

萬龍寺枝垂桜群を成す

須坂市亀倉の金毘羅山麓の墓地両端にそれぞれ立つ樹齢200年のシダレザクラ。隣接する萬龍寺をめぐり植えられた中世信仰遺跡にちなむ枝垂桜群をなし、歴史を語る貴重な文化財であることで市の天然記念物となっている。

金毘羅山の桜

金毘羅山の桜について

基本情報

呼称
金毘羅山の桜(こんぴらさんのさくら)
樹種
江戸彼岸の枝垂桜
樹齢
推定200年 - 平成23年 現地解説板。
樹形
南西: 幹周3.1m、樹高16m、枝張15m - 平成23年 現地解説板。
北東: 幹周2.3m、樹高15m、枝張21m - 平成23年 現地解説板。
指定
市天然記念物 - 平成23年 須坂市指定。
見頃
例年4月中旬から4月下旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
専用駐車場なし - 付近に駐車スペースあり
所在地
長野県須坂市亀倉(標高620m)

概要

須坂市亀倉の金毘羅山の麓の墓地に植えられているシダレザクラ。 参道登り口向かって右側と、墓地北東端にそれぞれ立っており、樹齢は200年と推定される。 金毘羅山は標高727メートルで、山頂に金毘羅神社が鎮座する亀倉地区のシンボル的霊山である。 航海の守護神である金比羅権現は、薬師如来の神力で衆生を守護するともいわれ、隣接する萬龍寺の鬼門除けの役目を果たしている。 両樹とも萬龍寺をめぐって植えられた中世信仰遺跡にちなんだシダレザクラ群をなし、一帯の景観美を高め、歴史を語る貴重な文化財であることから、市の天然記念物に指定されている。

撮影後記

 墓地の北東端にもう一本の指定木があることを今知った次第です。 向こうにも一本シダレが咲いているなぁとは分かってはいたのですが、隣接している万龍寺境内にも複数あって、日が陰るのも時間の問題だったので撮影しませんでした。 こういう些細な取りこぼしは少々痛いところ。 まぁ、グーグルのストビューで見たら樹齢200年クラスの雰囲気は感じられないし、実際幹周データも2.3メートルなので、それ自体指定されているのが不思議なのではありますが。

更新履歴

2013年9月6日
初版をアップロードしました。
2013年12月31日
携帯電話・スマートフォン専用壁紙を休止しました。

金毘羅山の桜紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野