北小倉のシダレザクラ

全国1自立桜

安曇野市三郷地域の北小倉集落に立つ樹齢350年のシダレザクラの巨樹。樹勢は目を見張る旺盛さで、まるで幾段かの滝が流れ落ちるように咲き誇る。自立桜としては、樹冠の規模や樹勢からも全国随一の名桜と云えよう。

北小倉のシダレザクラ

北小倉のシダレザクラについて

基本情報

名称
北小倉のシダレザクラ(きたおぐらのしだれざくら)
別称
増田増重家之桜、三郷小倉の大しだれ、北小倉のシダレヒガンの巨木
樹種
枝垂桜(江戸彼岸桜)
樹齢
推定350年 - 信州大学 笹本正治博士(歴史学)。
見頃
例年4月中旬から4月下旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
専用駐車場なし
所在地
長野県安曇野市三郷小倉(標高730m)

概要

安曇野市三郷地域の北小倉集落に立つシダレザクラの巨樹で、一説には樹齢350年とも伝わる古木である。 樹勢は目を見張る旺盛さで、まるで幾段かの滝が流れ落ちるかのように咲き誇る。 支柱を介さずに立つ自立桜としては、樹冠の規模や樹勢からも全国随一の名桜と云えよう。 樹下には増田増重家の墓地があり、墓守の桜として植樹されたものと考えられる。 春は花見、夏は樹蔭、秋は紅葉、冬は防風樹となり先祖の御霊を慰めている。

撮影後記

 未だに満開の姿を拝んだことはない幻の一本桜です。 まだ若木で樹幹の目通りが条件を満たさないのか、所有者の意向なのかは知りませんが、今のところ天然記念物には指定されていません。 又聞きですが、樹齢は350年とか400年と云われています。 樹下に行って樹幹をこの目で確かめたことはないので、樹齢相応なのか不明です。 近年樹勢が衰退気味とのことで、是非とも指定して保護してもらいたいものです。

更新履歴

2013年10月30日
初版をアップロードしました。
2013年12月31日
携帯電話・スマートフォン専用壁紙を休止しました。
2014年1月1日
一部の無料壁紙を会員限定の閲覧に制限しました。

北小倉のシダレザクラ紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野