中曽根のエドヒガン

権現桜

上伊那郡箕輪町中曽根に立つエドヒガンザクラで、県天然記念物の信州を代表する名桜。樹下に熊野権現の祝殿が祭られ、「権現桜」と称せられる。伝承では、当地がまだ原野だった平安時代、根をおろしたものと伝わる。

中曽根のエドヒガン

中曽根のエドヒガンについて

基本情報

名称
中曽根のエドヒガン(なかぞねのえどひがん)
別称
中曽根の権現桜、中曽根の夫婦桜
樹種
江戸彼岸桜
樹齢
推定300年以上 - 平成3年 環境庁調査報告書。
伝承1000年 - 現地解説書。
樹形
幹周10m、樹高18m - 現地解説書。
幹周8.2m(株立)、幹周5.1m(主幹)、樹高20m、枝張20m - 平成3年 環境庁調査報告書。
指定
県天然記念物 - 昭和42年 長野県指定。
見頃
例年4月中旬から4月下旬頃
夜桜
ライトアップなし - 以前はあった。
駐車場
無料駐車場あり
所在地
長野県上伊那郡箕輪町中曽根293(標高820m)

概要

上伊那郡箕輪町の中曽根地区に立っているエドヒガンザクラの大木。 地上1.5mから二枝に分かれ、花色や開花時期がそれぞれ異なることから、二本の桜が癒着したとも言われている。 樹勢は旺盛で、樹幹内部の空洞は明治35年の落雷による火災の焼け跡である。 樹下に桜の所有者である伊藤家の氏神である熊野権現の祝殿が祭られていることから、「権現桜」とも称せられる。 伝承によれば、当地がまだ原野だった平安時代、黒澤山の扇状地の扇央部に、樅木川の流れによって流れ着き根をおろしたものと伝わる。 中曽根の集落が拓かれたのは、慶安2年(1648年)頃で、まだ原野だったこの地を開墾して入植した七戸が始まりといわれる。 昭和15年、伊那高等女学校長であった八木貞助先生によって紹介され、広く知られるようになった。

撮影後記

 環境庁の第4回 自然環境保全基礎調査資料によれば、幹周り5.1メートル(株立で8.2メートル)もの巨桜で、樹勢も旺盛で信州の三指に入るともいわれる銘桜です。 伝承では樹齢1000年ともいわれ、樹齢700年と記載されているサイトも散見されました。 環境庁の調査では推定300年以上とあり、中曽根集落が拓かれた江戸時代の慶安2年(1648年)を基にしているものと思われます。 東側の樹幹の風格から推定樹齢700年も誇張ではない気がします。

更新履歴

2013年2月27日
初版をアップロードしました。
2013年12月31日
携帯電話・スマートフォン専用壁紙を休止しました。
2014年1月1日
一部の無料壁紙を会員限定の閲覧に制限しました。

中曽根のエドヒガン紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野