明光寺のシダレザクラ

町天然記念物

上伊那郡辰野町の明光寺に、樹齢300年以上のシダレザクラが自立している。町の天然記念物に指定されている唯一のサクラで、町一番の大桜であった。しかしながら近年は、樹勢が衰退して樹高が低くなってしまった。

明光寺のシダレザクラ

明光寺のシダレザクラについて

基本情報

名称
明光寺のシダレザクラ(みょうこうじのしだれざくら)
樹種
江戸彼岸の枝垂桜
樹齢
推定300年以上 - 平成3年 環境庁調査報告書。
樹形
幹周3.5m、樹高12.5m - 八十二文化財団。
幹周3.0m、樹高13m、枝張20m - 平成3年 環境庁調査報告書。
指定
辰野町指定天然記念物 - 昭和48年 辰野町指定。
見頃
例年4月中旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
参拝者無料駐車場あり
所在地
長野県上伊那郡辰野町伊那富北大出9607(標高770m)

概要

上伊那郡辰野町伊那富北大出の曹洞宗明光寺に、推定樹齢300年以上のシダレザクラが自立している。 町の天然記念物に指定されている唯一のサクラで、以前は枝張20メートルに達する町一番の大桜であった。 しかしながら近年は、樹勢が衰退して樹高が低くなってしまった。 古くから地元の人々に親しまれてきた町の名木である。

撮影後記

 2011年に撮影した「神明神社のサクラ」のすぐ近くにあるサクラです。 八十二文化財団のウェブページに、指定当時の古い写真が掲載されています。 本堂は茅葺で、塀などがまだ整備されておらず、大きく枝を張ったしだれ桜です。 帰り際、根元近くに「昭和二十年四月十六日から十一月十二日 中野区桃園国民学校学童疎開の地 白美舎一同」と刻まれた石碑が立っているのを見つけました。 ちょうど桜咲くころに、東京から疎開してきた不安な児童をこのサクラが暖かく見守ってきた光景を思いながら辞しました。

更新履歴

2018年11月19日
初版をアップロードしました。

明光寺のシダレザクラ紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野