宮の原のシダレザクラ

下垂した姿

樹齢100年超のシダレザクラ。下垂した枝が道路下の田圃に届かんばかりに覆いかぶさっている。40年ほど前、車道の工事に伴い周辺の桜が何本も切られたが、宮の原地区の住民の希望により、この樹だけは残った。

宮の原のシダレザクラ

宮の原のシダレザクラについて

撮影後記

 しとしと雨が降る夕方近く、この一本桜を訪問しました。 誰が来るとでもなく、時折車が右から左へ、またはその反対に通るのみです。 皆地元の方なのか、車から降りて見るわけでもなく、スピードを緩めてフロントガラス越しに見て通り過ぎて行きます。
 撮影に関しては、上部に電線があるのですが、電線を気にしなければ引いて背後の山並みも入れて撮れるかと。 また、枝張りは相当長いのですが、つっかえ棒の姿はなく、その下垂した枝と共に絶好の撮影対象と云えます。

概要・歴史

樹高7メートル、幹周4.2メートル、樹齢100年~120年の枝垂れ桜。 樹勢はきわめて旺盛で、下垂した枝が道路下の田圃に届かんばかりに覆いかぶさっている。 40年ほど前、車道の工事に伴い周辺にあったサクラが何本も切られたが、宮の原地区の住民の希望により、この樹だけは残った。 見頃は、例年4月中旬頃。

所在地: 長野県 伊那市西春近小出三区宮の原

更新履歴

2011年6月19日
初版をアップロードしました。
2013年12月31日
携帯電話・スマートフォン専用壁紙を休止しました。
2014年1月1日
一部の無料壁紙を会員限定の閲覧に制限しました。

宮の原のシダレザクラ紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野