清道寺のシダレザクラ

雪の関田山脈

下高井郡野沢温泉村の清道寺に植えられている樹齢200年のシダレザクラ。新潟との県境を走る残雪の関田山脈を望むように立っている。この種としては村内第一の巨木であり、野沢温泉村の天然記念物に指定されている。

清道寺のシダレザクラ

清道寺のシダレザクラについて

基本情報

名称
清道寺のシダレザクラ(せいどうじのしだれざくら)
樹種
江戸彼岸の枝垂桜
樹齢
推定200年 - 北信地方事務所林務課。
樹形
幹周3.57m、樹高12m - 現地標柱。
幹周3.65m、樹高14m - 野沢温泉村。
幹径1.1m、樹高12m - 北信地方事務所林務課。
指定
村天然記念物 - 昭和62年 野沢温泉村指定。
見頃
例年4月下旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
無料駐車場あり
所在地
長野県下高井郡野沢温泉村平林869(標高380m)

概要

下高井郡野沢温泉村平林の曹洞宗清道寺境内に植えられているシダレザクラ。 平林の長閑な風景を眼下に、新潟との県境を走る残雪の関田山脈を望むように立っている。 推定樹齢200年の名花として、近在の人達から親しまれている。 平林の関口氏が中野市田上の寺から苗を持ち帰り移植したと伝えられる。 この種のものとしては村内第一の巨木であり、野沢温泉村の天然記念物に指定されている。

撮影後記

 北信でも中野や山ノ内エリアの名桜に比べて、開花は遅くなるようです。 一度、向こうが見頃の頃にも足を伸ばしましたが、まだ蕾でした。 国道117号の飯山街道を新潟方面へ北上していくと、萌芽し始めた山肌の色が徐々に無くなっていったので、そうだろうとは思いましたが。 土地勘がないものにとっては、桜撮影は手間暇がかかるものです。

更新履歴

2013年8月30日
初版をアップロードしました。
2013年12月31日
携帯電話・スマートフォン専用壁紙を休止しました。

清道寺のシダレザクラ紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野