大久保のしだれ桜

北信五岳を望む

下高井郡山ノ内町夜間瀬の宇木地区に自立する樹齢150年のシダレザクラ。遠く北信五岳(斑尾山、飯縄山、戸隠山、黒姫山、妙高山)を望め、眼下には善光寺平が一望できる風光明媚な高台に位置する一本桜である。

大久保のしだれ桜

大久保のしだれ桜について

基本情報

名称
大久保のしだれ桜(おおくぼのしだれざくら)
樹種
枝垂桜(江戸彼岸桜)
樹齢
推定150年 - 平成22年 現地樹名板。
樹形
幹周4.3m、樹高12m、枝張16m - 平成22年 現地樹名板。
見頃
例年4月中旬から4月下旬頃
夜桜
ライトアップあり
駐車場
専用駐車場なし
所在地
長野県下高井郡山ノ内町夜間瀬宇木(標高550m)
サイト
古代桜のふるさとだより

概要

下高井郡山ノ内町夜間瀬の宇木地区の高台に自立しているシダレザクラ。 推定樹齢150年で、宇木地区の古代桜のなかでは最も若いが、南北16m、東西15mの均整のとれた傘型の樹冠を展開している。 樹下には墓地が並び、周囲にはリンゴ畑が広がっている。 サクラが生育している場所は、遠く北信五岳(斑尾山、飯縄山、戸隠山、黒姫山、妙高山)を望め、眼下には善光寺平が一望できる風光明媚な南向斜面である。

撮影後記

 宇木の古代桜巡りで、ここも数日遅かった場所です。 古代桜のなかで最も標高が高いので、それなりに期待はしていたのですが、日当たりの良い南向斜面に位置しているためか裏切られました。 周囲にライトアップの照明がセッティングしてあったので、中野市街の夜景を背景に狙えそうな一本桜ですね。 またの機会としましょう。

更新履歴

2013年12月15日
初版をアップロードしました。
2013年12月31日
携帯電話・スマートフォン専用壁紙を休止しました。

大久保のしだれ桜紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野