瑞穂の霞桜

村の最後を飾る名桜

北安曇郡白馬村北城の瑞穂地区のオリンピック道路脇に自立しているカスミザクラ。白馬三山を背景に咲き誇る一本桜は、道行くドライバーたちをを思わず立ち止らせる。白馬村の桜シーズンを締めくくる名桜である。

瑞穂の霞桜

瑞穂の霞桜について

基本情報

名称
瑞穂の霞桜(みずほのかすみざくら)
別称
瑞穂の桜
樹種
霞桜
見頃
例年5月上旬から5月中旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
専用駐車場なし - 付近に駐車スペースあり。
所在地
長野県北安曇郡白馬村北城瑞穂(標高730m)

概要

北安曇郡白馬村北城の瑞穂地区のオリンピック道路脇に自立しているカスミザクラの大木。 雄大な樹冠を広げ、白馬三山を背景に咲き誇る一本桜は、道行くドライバーたちをを思わず立ち止らせる。 村内のオオヤマザクラが散ってから満開となる遅咲きで、白馬村の桜シーズンを締めくくる名桜と呼ぶに相応しい。

撮影後記

 白馬村の大山桜を撮影してから、一旦、大阪の金剛山の金剛桜や北関東の遅咲きの名桜を巡って、ほぼ1週間ぶりに白馬村に戻ってきました。 少し間を開けすぎたかと思いましたが、カスミザクラは今がピークのようでした。 ここも北アルプスを背景に撮れるサクラで、大出公園や野平の一本桜ほど知名度もなく開花時期もズレるので、カメラマンも数人程度でした。 あちらほど殺気立って(苦笑)いなく、落ち着いて撮影できました。

更新履歴

2015年8月17日
初版をアップロードしました。

瑞穂の霞桜紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野