通の山桜

大糸線

北安曇郡白馬村北城の通集落入口の路傍に一際大きいヤマザクラが自立している。桜越しに北アルプスの雪山が連なり、斜面下を大糸線が走り車窓からも眺めることができる。

通の山桜

通の山桜について

基本情報

名称
通の山桜(かようのやまざくら)
樹種
山桜
見頃
例年5月上旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
専用駐車場なし
所在地
長野県北安曇郡白馬村北城通(標高650m)

概要

北安曇郡白馬村北城の通集落入口の路傍には桜並木が見られる。 そのなかでも一際大きいヤマザクラが斜面に自立している。 地上数メートルで双幹に分かれ、茶芽の白山桜である。 桜越しに北アルプスの雪山が連なり、斜面下を大糸線が走り車窓からも眺めることができる。

撮影後記

 国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている青鬼(あおに)集落に向かう途中で発見したサクラです。 巨樹というわけではありませんが、白馬村で白山桜の古木は珍しいので、掲載することにしました。 まったくの無名なので、とりあえず「通のヤマザクラ」と命名しておきました。

更新履歴

2015年8月28日
初版をアップロードしました。

通の山桜紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野