八方薬師堂の江戸彼岸桜

薬師信仰

北安曇郡白馬村の八方薬師堂に自立しているエドヒガンザクラ。幹周3.8m、樹齢300年の巨樹である。薬師信仰と結びついているために伐採を免れた村内で希少なエドヒガンの古木で、村の天然記念物に指定されている。

八方薬師堂の江戸彼岸桜

八方薬師堂の江戸彼岸桜について

基本情報

名称
八方薬師堂の江戸彼岸桜(はっぽうやくしどうのえどひがんざくら)
樹種
江戸彼岸桜
樹齢
推定300年 - 八十二文化財団。
推定300年以上 - 平成3年 環境庁調査報告書。
樹形
幹周3.8m、樹高15m - 八十二文化財団。
幹周3.8m、樹高15m - 平成3年 環境庁調査報告書。
指定
村天然記念物 - 昭和52年 白馬村指定。
見頃
例年4月下旬から5月上旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
専用駐車場なし
所在地
長野県北安曇郡白馬村北城八方(標高740m)

概要

北安曇郡白馬村北城の八方地区の薬師堂前に自立しているエドヒガンザクラ。 幹周3.8m、樹高15m、推定樹齢300年の巨樹である。 白馬村では野生のエドヒガンは薪炭材として伐採され、今では自然林のなかで見ることは少ない。 このサクラは、薬師信仰と結びついているために伐採を免れた村内で希少なエドヒガンの古木で、村の天然記念物に指定されている。

撮影後記

 八方尾根スキー場の山麓に広がるホテルや旅館街のなかに立っている一本桜です。 電柱電線が走り、隣にはビルが建っていて処理に苦労するサクラですね。
 サクラの向かいのホテルに、日帰り入浴という看板が出ていました。 本日巡る予定のサクラを全て撮り終えたこともあり、この日の一風呂はここにして早めに撮影を切り上げ、馴染みの料理屋に。 このところ撮影後の長距離移動で、風呂に入る時間もなくバタンキュー生活が続いていて、久しぶりにゆっくりできた夜でした。

更新履歴

2015年8月23日
初版をアップロードしました。

八方薬師堂の江戸彼岸桜紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野