実報寺の一樹桜

小林一茶

西条市の実報寺に植栽されている樹齢300年以上のエドヒガンザクラ。小林一茶の旅日記「寛政紀行」のなかで、「遠山と見しは是也花一木」と、この桜を詠んだ句が記され、これが由来となり「一木桜」と称されている。

実報寺の一樹桜

実報寺の一樹桜について

基本情報

呼称
実報寺の一樹桜(じっぽうじのひときざくら)
別称
一木桜
樹種
江戸彼岸桜
樹齢
推定300年以上 - 平成19年 愛媛新聞。
樹形
主幹幹周3.16m - 平成19年 愛媛新聞。
指定
市天然記念物 - 平成二年 旧東予市指定。
見頃
例年3月下旬から4月上旬頃
夜桜
ライトアップあり
駐車場
無料駐車場あり
所在地
愛媛県西条市実報寺758(海抜43m)

概要

西条市の真言宗御室派実報寺に植栽されているエドヒガンザクラ。 主幹は失われ、根元から数本の大枝が横臥して独特の樹形をしている。 寛政七年(1795年)、小林一茶の旅日記「寛政紀行」のなかで、「遠山と見しは是也花一木」と、この桜を詠んだ句が記されている。 これが由来となり「一木桜」と称されている。 寛永年間、すでに遠山と見える樹冠を形成していたことから推測すれば、樹齢300年以上の古木と考えられる。 昭和37年発行の八木繁一氏の著書には、目通り6m、枝張り25mとある。 同種の古木が境内にあと二本見られる。

撮影後記

 雲間から時折青空が覗いていたものの、光が入ってくれず仕舞いで、ロクな写真しか残っていません。 日が当たるのを待っていたら、桜の周囲でなにかしらのイベントの準備がはじまり、粘るのを断念した次第です。
 なお、花は比較的大型の白色でソメイヨシノのような豪華な咲き方なので、エドヒガンの野生種ではないのかもしれません。

更新履歴

2013年10月17日
初版をアップロードしました。
2013年12月31日
携帯電話・スマートフォン専用壁紙を休止しました。

実報寺の一樹桜紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code