魚見桜

漁師の目安木

速見郡日出町の大庄屋城内氏屋敷跡に立つ樹齢400年のヤマザクラ。別府湾から望める大桜は、他のどの桜よりも早く咲き、漁師はこの桜の咲き具合を見て漁場や漁具を選択したので、「魚見桜」と呼ばれるようになった。

魚見桜

魚見桜について

基本情報

呼称
魚見桜(うおみざくら)
別称
城内邸の桜、城内の桜、庄屋の桜、彼岸桜
樹種
山桜
樹齢
推定400年 - 現地解説板。
指定
町天然記念物 - 昭和22年 日出町指定。
見頃
例年3月中旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
無料駐車場あり
所在地
大分県速見郡日出町豊岡(海抜65m)
サイト
日出町観光協会

概要

速見郡日出町豊岡の城内(じょうない)氏の屋敷跡に立つ推定樹齢400年のヤマザクラの老樹。 藩政時代、城内氏は日出藩辻間村の大庄屋であったことから、「城内邸の桜」や「庄屋の桜」と呼ばれてきた。 慶長17年(1612年)頃、大神氏の養子となった大神親照の墓地(大神村深江)にあったものを移植したと伝えられる。 別府湾が望めるこの大桜は、他のどの桜よりも早く咲き、豊岡の海岸からも目視できた。 漁師はこの桜の咲き具合を見て漁場や漁具を選択したので、「魚見桜」と呼ばれるようになった。 昭和後期の隆盛期には4アールほどの樹冠を誇っていたが、平成3年台風19号での幹の折損以降、樹勢の衰退が顕著である。

撮影後記

 昭和後期の最盛期の写真と比べると、主幹が今やオブジェと化し、見る影もない老木になり果ててしまった感があります。 数年前までは「魚見桜まつり」が大々的に行われていたようです。 周囲に取り木をして育てた後継木は、すくすくと育って咲き誇っていました。 ありふれた農家の目安木ではない観点からも貴重なので、後世に引き継いでもらいたいものです。
 このヤマザクラはソメイヨシノに先駆けて開花し、寒桜系を除けば日本でも屈指の早咲きのサクラではないでしょうか。 私が知る限り、鹿児島市の保存樹となっている「坂之上のヤマザクラ」が、これに匹敵する早咲き名桜です。

更新履歴

2015年8月20日
初版をアップロードしました。

魚見桜紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野