金毘羅神社の山桜

ひっそりと立つ

紀の川市桃山町峯の金毘羅神社にヤマザクラの古木がひっそりと立っている。自然災害で大枝が折損し、以前に比べて枝張が小さくなってしまったが、樹勢は旺盛である。

金毘羅神社の山桜

金毘羅神社の山桜について

基本情報

名称
金毘羅神社の山桜(こんぴらじんじゃのやまざくら)
樹種
山桜
樹齢
推定300年?
樹形
幹周3.2m、樹高20m?
指定
指定なし - 旧桃山町天然記念物。?
見頃
例年4月上旬から4月中旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
無料駐車場あり
所在地
和歌山県紀の川市桃山町峯(標高360m)

概要

紀の川市桃山町峯の金毘羅神社に立っているヤマザクラの古木。 推定樹齢は300年といわれ、旧桃山町の天然記念物であった。(但し、桃山町調月の弁財天社の山桜の方の可能性がある) 数十年前の自然災害で大枝が折損し、以前に比べて枝張が小さくなってしまったが、樹勢は旺盛である。 かつては、例祭になると氏子たちが集まり、餅投げが行われていたという。

撮影後記

 紀の川市の天然記念物という情報がネットに散見されていたので、訪問してみました。 ただ、指定を受けるほどの古木といった雰囲気はありませんし、付近にもそれらしい標柱も立っていませんでした。 桃山町調月(つかつき)の銚子ノ口の宝形山に鎮座しているらしい弁天社の山桜の方と勘違いしているのかもしれません。 ただ、近くの民家にいた方に話を伺ったら、旧桃山町の天然記念物だったようなことを云っていたような記憶も残っているので、あながち間違いではないのかもしれませんが。 まぁ、こんな僻地まで撮影に出向くような方は、よっぽどの桜マニアでしょう。

更新履歴

2013年6月20日
初版をアップロードしました。
2013年12月31日
携帯電話・スマートフォン専用壁紙を休止しました。

金毘羅神社の山桜紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野