道成寺の入相桜

安珍清姫伝説

能や歌舞伎で名高い道成寺に植生しているエドヒガンザクラ。安珍清姫の文楽「日高川入相花王」の題材となった名桜である。現在の入相桜は二代目で、昭和初期に台風によって折れ、その根元から自生したものである。

道成寺の入相桜

道成寺の入相桜について

基本情報

呼称
道成寺の入相桜(どうじょうじのいりあいざくら)
樹種
江戸彼岸桜
見頃
例年3月下旬から4月上旬頃
指定
指定なし(初代は旧和歌山県指定天然記念物)
夜桜
ライトアップなし
駐車場
有料駐車場あり
所在地
和歌山県日高郡日高川町鐘巻1738(海抜11m)
サイト
道成寺

概要

能、歌舞伎、浄瑠璃の演目「安珍・清姫伝説」で名高い天台宗道成寺に植生しているエドヒガンザクラ。 宝暦九年(1759年)、大阪難波の竹本座で安珍清姫の文楽が上演され大評判となった「日高川入相花王(いりあいざくら)」の題材となった名桜である。 古来、中国では牡丹を花の王とし、日本では桜を花の王としたことから、花王と書かれた。 現在の入相桜は二代目で、昭和初期に台風によって折れ、その根元から自生したものである。 初代の入相桜は樹齢数百年の大木で、嘉永四年(1851年)の記録では、三十三本の支柱でささえられ、本堂の縁側からその枝に短冊を吊るせたと記されている。 折損するまでは、和歌山県の天然記念物に指定されていた。

撮影後記

 能の安珍清姫伝説しかり、歌舞伎の娘道成寺もので、鐘は鐘入りなどで大事な役割を果たします。 最近の発掘調査で、その鐘が吊るされた鐘楼が、この入相桜の場所に建っていたことがわかったそうです。
 撮影に関しては、当たり年なら枝も見えないくらい咲き誇るようですが、この年は枝しか見えないといった様相でした。 この年の桜旅の経験から、樹勢衰退の裏年と考えるより、鳥の食害によるものでしょう。 澄みきった青空が無駄に恨めしい。

更新履歴

2013年10月10日
初版をアップロードしました。
2013年12月31日
携帯電話・スマートフォン専用壁紙を休止しました。

道成寺の入相桜紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野