春日神社の桜樹

巨大な株

山辺郡山添村の春日神社の神木である樹齢300年のヤマザクラで、村の天然記念物となっている。樹勢旺盛な頃は根元付近から放射状に十二本にも幹が分岐していたが、現在は朽腐した巨大な株が往時の名残を留めている。

春日神社の桜樹

春日神社の桜樹について

基本情報

呼称
桜樹(さくらぎ)
別称
春日神社の桜樹
樹種
山桜
樹齢
推定300年 - 現地解説板。
樹形
幹(株)周6.6m、樹高9m - 現地解説板。
指定
村天然記念物 - 昭和41年 山添村指定。
見頃
例年4月上旬から4月中旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
無料駐車場あり
所在地
奈良県山辺郡山添村春日(標高300m)

概要

山辺郡山添村春日の春日神社神苑に根を下ろすヤマザクラの古木。 樹齢は約300年と推測され、神社の神木とされてきた。 樹勢旺盛な頃は根元付近から放射状に十二本にも幹が分岐していたが、現在は朽腐した巨大な株が名残を留め、西側に新たな幹が毎年花をつけるように成長している。 枝張りのあった往時は、村人は花の盛りにこの樹の下で観桜の会をひらいたという。 この周辺には山桜の巨木が多数確認でき、学術研究上きわめて貴重な存在であることから、昭和41年に村の天然記念物に指定された。

撮影後記

 春日神社の場所はすぐに分かったのですが、お目当ての桜樹になかなかたどりつけませんでした。 周囲の民家も留守居で、神社の半径200メートルほどを二周ほどして無駄な時間を要してしまいました。 向かいの神苑?らしい場所も一度見たのですが、主幹が折損している情報を知らなかったので、見過ごしていました。
 ※この場所でカメラのストロボ(キヤノン スピードライト 580EX II)を見つけた方いませんよね?

更新履歴

2013年8月18日
初版をアップロードしました。
2013年12月31日
携帯電話・スマートフォン専用壁紙を休止しました。

春日神社の桜樹紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野