小野豆しだれ桜

西播磨花の郷

赤穂郡上郡町の山頂集落のひとつ小野豆に、「西播磨花の郷」に認定されたシダレザクラの名木がある。小野豆は、壇ノ浦の戦いに敗れた平経盛が、4人の家来と共に落ちのびてきた平家落人伝説の里として知られる。

小野豆しだれ桜

小野豆しだれ桜について

基本情報

名称
小野豆しだれ桜(おのずしだれざくら)
樹種
江戸彼岸の枝垂桜
樹齢
50年 - 西播磨観光協議会。
見頃
例年4月上旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
無料駐車場あり
所在地
兵庫県赤穂郡上郡町小野豆(標高280m)

概要

赤穂郡上郡町の山頂集落のひとつ小野豆に、樹齢およそ50年のシダレザクラがある。 小野豆は壇ノ浦の戦いに敗れた平経盛(平清盛の異母弟)が、4人の家来と共に落ちのびてきた平家落人伝説の里として知られる。 このしだれ桜は、「西播磨花の郷」のひとつに認定されている。

撮影後記

 対向車が来ないことを願う細い山道を抜けた先に、小野豆の郷があります。 上郡町に残る7つの山頂集落のひとつだそうで、平家落人伝説が各地で残る四国山地の山上集落を彷彿とさせてくれました。 平経盛は壇ノ浦で入水して果てたことになっていますが、各地に隠棲した地が残っています。 集落の平家塚ふれあい公園には、ジャンジャン穴というのがあって、ここに身を隠して生活していたとのこと。

更新履歴

2018年11月9日
初版をアップロードしました。

小野豆しだれ桜紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野