花尾の江戸彼岸桜

断崖の端に立つ

高岡市福岡町の花尾公民館奥の断崖の端に自立しているエドヒガンザクラの古木。樹高15m、枝張25mに達する市内稀に見る大桜で、市の天然記念物に指定されている。

花尾の江戸彼岸桜

花尾の江戸彼岸桜について

基本情報

名称
花尾の江戸彼岸桜(はなおのえどひがんざくら)
樹種
江戸彼岸桜
樹形
幹周3.5m - 現地解説板。
幹周3.5m、樹高15m、枝張25m - 平成3年 環境庁調査報告書。
指定
市天然記念物 - 昭和47年 旧福岡町指定。
見頃
例年4月上旬から4月中旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
無料駐車場あり
所在地
富山県高岡市福岡町花尾(海抜90m)

概要

高岡市福岡町の花尾公民館奥の断崖の端に自立しているエドヒガンザクラの古木。 地上1.5メートル付近で枝が分かれ、樹勢は旺盛である。 樹高15メートル、枝張25メートルに達する市内稀に見る大桜で、市の天然記念物に指定されている。

撮影後記

 「明日の大桜」や「駒つなぎ桜」を見た直後だと、感動も薄くて、とりたてて特徴のあるサクラではなかったですね。 下草も刈られておらず、地元の方も特に興味はなさそうでした。 ここで地元民と無駄口たたきすぎて、以降の桜巡りがいっぱいいっぱいになってしまいましたよ。

更新履歴

2014年8月27日
初版をアップロードしました。

花尾の江戸彼岸桜紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野