戸長桜

戸長就任記念樹

標津郡標津町役場に植生している町内最古木のチシマザクラ。明治18年、本町初代戸長が、戸長就任記念として植えたもので、「戸長桜」とも呼ばれる。昭和55年に町に寄贈され、現在の標津町役場前に移植された。

戸長桜

戸長桜について

基本情報

呼称
戸長桜(こちょうざくら)
樹種
千島桜
樹齢
130年 - 明治18年植樹。
指定
町記念の木 - 昭和47年 標津町指定。
見頃
例年5月下旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
無料駐車場あり
所在地
北海道標津郡標津町北2条西1丁目1-3(海抜2m)

概要

標津郡標津町役場に植生しているチシマザクラ。 町内に分布する千島桜では最古木で、町の記念の木に指定されている。 本町初代戸長(現在の町長にあたる)であった槙宗説が、明治18年、戸長就任記念として植えたもので、「戸長桜」とも呼ばれる。 長らく標津駅逓(宮嶋旅館)南側の川岸宅に植えられていたものが、昭和55年に町に寄贈され、現在の標津町役場前に移植された。

撮影後記

 掲載しているだけで3回、計5回も訪れてしまい、この年の桜旅で最も通った名桜です。 撮影向きというわけではないのですが、なかなか咲き揃ってくれなかったもので。
 この個体は樹齢130年ということで、野付小学校の千島桜の巨樹よりも古いことになります。 しかし、小さい小さい。 千島桜には大きくなる個体と、そうでない個体があるようで、個体によって個性がありますね。 指定木の背後にも、エゾヤマザクラとの種間雑種のような早咲きの色濃いチシマザクラがありました。

更新履歴

2014年7月29日
初版をアップロードしました。

戸長桜紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野