庶野さくら公園の桜

夫婦桜

幌泉郡えりも町の庶野さくら公園は、エゾヤマザクラを中心として700本が植栽され、周辺の山林に自生している桜を含めると、1,500本の桜が楽しめる。公園奥には、「夫婦桜」と呼ばれる樹齢300年の巨桜も立っている。

庶野さくら公園の桜

庶野さくら公園の桜について

基本情報

名称
庶野さくら公園(しょやさくらこうえん)
本数
700本
樹種
蝦夷山桜、他に染井吉野、枝垂桜など
見頃
例年5月上旬から5月中旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
無料駐車場あり
所在地
北海道幌泉郡えりも町庶野551(海抜36m)

概要

幌泉郡えりも町の庶野さくら公園は、庶野港を見下ろす高台の上に、エゾヤマザクラを中心として約700本が植栽されている。 周辺の山林に自生している桜を含めると、約1,500本の桜が楽しめる。 えりも町では、昭和初期まで一目千本のエゾヤマザクラが山野一帯に咲き誇り、「北海道観光地百選」に上位入選している。 しかし、時代と共に衰退の一途をたどった。 そこで昭和53年、町が桜樹林が残されている民有地を購入し、「庶野さくら公園」として整備に着手した。 公園奥には、「夫婦桜」と呼ばれる推定樹齢300年の巨桜も立っている。

撮影後記

 開花状況も確かめずに訪れたため、あらかた散り果てで愕然としました。(松前公園と庶野さくら公園の開花状況が全く同じ) 襟裳岬って年中強風や海霧に覆われて寒いイメージがあるので、これは予想外でした。 襟裳岬より西側に位置する浦河などの桜の開花状況が、ココより大分遅かったことから考えると、襟裳岬の東側と西側では気候が異なるのかもしれません。

更新履歴

2014年8月24日
初版をアップロードしました。

庶野さくら公園の桜紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野