二十間道路桜並木

日本さくら名所百選

日本一の桜並木として有名で、「日本さくら名所100選」にも選ばれている新ひだか町静内の二十間道路桜並木。道幅二十間(約36m)の両側に樹齢100年のエゾヤマザクラが植樹され、直線7kmにも渡る桜並木が続いている。

二十間道路桜並木

二十間道路桜並木について

基本情報

名称
二十間道路桜並木(にじゅっけんんどうろさくらなみき)
別称
静内二十間道路桜並木
本数
3,000本
樹種
蝦夷山桜(大山桜)、他に霞桜、深山桜など
樹齢
100年 - 大正5年(1916年)植樹。
指定
日本さくら名所100選、日本の道百選、北海道遺産など
見頃
例年5月上旬から5月中旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
無料駐車場あり
所在地
北海道日高郡新ひだか町静内田原・静内御園
サイト
新ひだか観光協会

概要

日本一の桜並木として有名な新ひだか町静内の二十間道路桜並木。 エゾヤマザクラを主に延長8km直線7kmにもわたって桜並木が続き、「日本さくら名所100選」、「日本の道百選」、「北海道遺産」等に指定され、その数を挙げれば枚挙にいとまがない。 道幅が二十間(約36m)であることから、いつしか二十間道路と呼ばれるようになった。 開花期間には「しずない桜まつり」が開催され、多い年では約20万人の人出がある。 北海道開拓使長官であった黒田清隆が、野生馬約二千頭を狩り集め、静内・新冠・沙流郡にまたがる7万ヘクタールに及ぶ大規模な牧場を区画し、宮内庁新冠御料牧場(現在の家畜改良センター新冠牧場)を造営した。 二十間道路は、明治36年に新冠御料牧場を視察する皇族の行啓道路(中央道路)として造成さたものである。 桜が植栽されたのは大正5年(1916年)のことで、御料牧場職員が近隣の山々から採り集めて植樹に要した歳月は3年にのぼったという。

撮影後記

 よく高所から俯瞰した写真を見ていたので、展望台のような場所があるのかと思っていましたが、ありませんでした。 時間も時間だったので、取り急ぎ撮影をして、花のトンネルまでは手が回りませんでしたね。
 エゾヤマザクラが全体の70%の約2100本、カスミザクラが全体の27%の約800本、ミヤマザクラが全体の3%の約100本植えられているそうです。 メインのエゾヤマザクラが終わってからも、遅咲きのカスミザクラや初夏のミヤマザクラも見られそうですね。 また秋には、静内農業高等学校によって秋桜こと2万3千本ものコスモスも植えられ、「秋桜路(コスモスロード)」として新しい名所となっているそうです。

更新履歴

2014年9月11日
初版をアップロードしました。

二十間道路桜並木紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野