五稜郭公園の桜

函館を代表する花見名所

およそ1,600本のソメイヨシノが植生する函館を代表する花見名所である五稜郭公園。星形城郭跡が公園として一般開放された大正3年、函館新聞1万号発刊記念に、函館毎日新聞社が1万本のサクラを10年かけて植栽された。

五稜郭公園の桜

五稜郭公園の桜について

基本情報

名呼
五稜郭公園(ごりょうかくこうえん)
本数
1,600本
樹種
染井吉野、他に里桜など
指定
国特別史跡(五稜郭)
見頃
例年4月下旬から5月上旬頃
夜桜
ライトアップあり
駐車場
有料駐車場あり
所在地
北海道函館市五稜郭町44(海抜標高m)
サイト
五稜郭タワー

概要

榎本武揚・土方歳三率いる戊辰戦争最後の戦いである箱館戦争の舞台となった函館五稜郭。 徳川幕府が築造した日本最大の洋式城郭跡が公園になって整備され、ソメイヨシノなどが1,600本植生し、函館を代表する花見名所となっている。 他にも、カンザン(関山)、フゲンゾウ(普賢象)、ウコン(鬱金)などのサトザクラも植栽されている。 公園として一般開放された大正3年、明治11年創刊の函館新聞1万号発刊記念に、函館毎日新聞社が五稜郭へ1万本のサクラを植樹しようとはじまった。 大正12年に1万本に達し、現在の復元された箱館奉行所の横に記念碑を建立した。 お花見期間のみ火器使用が許可され、市民がサクラの下でジンギスカンやBBQを楽しみ、夜間は花見電飾も実施されている。 隣接する五稜郭タワー展望台からは、桜が咲き誇る星形城郭を眼下に見下ろすことができる。

撮影後記

 サクラ自体の花付きは良好でしたが、剪定されたのだろうか、いかんせん枝が少なすぎて見応えはそれほどありませんでした。 特に五稜郭タワーから見下ろすと、スカスカ感が目立ちます。 千本桜の魅力は、一本桜のようにゴツイ幹とかではなく、やっぱり花のボリューム。 古木なので致し方ないところですが、以前のような姿に回復すればよいのですが。

更新履歴

2014年8月25日
初版をアップロードしました。

五稜郭公園の桜紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野