真狩神社の桜並木

羊蹄山に続く並木道

虻田郡真狩村の真狩神社参道は、エゾヤマザクラの桜並木となっており、大正時代の社殿改修時に植樹された何本かの古木も見られる。目前に冠雪した羊蹄山がそびえ立ち、開花時期には紅色一色の桜のトンネルとなる。

真狩神社の桜並木

真狩神社の桜並木について

基本情報

呼称
真狩神社の桜並木(まっかりじんじゃのさくらなみき)
樹種
蝦夷山桜(大山桜)
本数
60本
見頃
例年5月中旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
無料駐車場あり
所在地
北海道虻田郡真狩村社79(標高250m)

概要

虻田郡真狩村の真狩神社参道両側には、エゾヤマザクラ約60本が植樹され、約50メートル続く桜並木となっている。 目前に冠雪した羊蹄山がそびえ立ち、参道は紅色一色の桜のトンネルとなる。 真狩神社は、明治29年に北9線9号通りの官林と民有地の境界に八幡神を祀ったのが起源となっている。 明治39年、入植者の郷里の産土神を祀った小祠を一社に合祀し、村の総鎮守とすることとし、この地に創建された。 大正7年には社殿が改修され、翌年村社に列せられた。 参道には、大正時代の改修時に植樹された何本かの古木も見られる。

撮影後記

 社殿の隣にある社務所住宅を建て替えるそうで、鳥居の周辺で何台ものダンプや重機などがフル稼働していました。 出来るだけ目立たないように、誤魔化しながらの撮影を余儀なくされ、撮影には適さない年でしたね。

更新履歴

2014年8月6日
初版をアップロードしました。

真狩神社の桜並木紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野