鈴の石の桜

二つに割れた巨石

二本松市鈴石町に「鈴石」と呼ばれる二つに割れた巨石があり、その傍らにソメイヨシノが植樹されている。二本松藩における地誌「相生集」によれば、鈴の形をして、石鳴りが鈴の音のようであったと記載されている。

鈴の石の桜

鈴の石の桜について

基本情報

名称
鈴の石の桜(すずのいしのさくら)
樹種
染井吉野か
見頃
例年4月中旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
専用駐車場なし
所在地
福島県二本松市鈴石町(標高250m)

概要

二本松市鈴石町の鈴石神社の西方の小高い場所に、竹矢来に囲まれた「鈴石」と呼ばれる二つに割れた巨石があり、その傍らにソメイヨシノが植樹されている。 鈴石がなぜこの場所にあるのかは定かではないが、鈴の形をして石鳴りが鈴の音のようであったと、二本松藩における地誌「相生集」には記載されている。 また民話では以下の話も伝わっている。 その昔、この石の下を通る鈴石村の人たちに、美しい鈴の音色を聞かせてくれていた。 ある日のこと、村の若者が好奇心にかられて、この大石の中には何かがあるのではないかと考え、石目を狙って槌を振りおろし大石を真っ二つに割ってしまった。 しかし中は音通の石と同じで、それ以来あの美しい音色を奏でなくなってしまったという。

撮影後記

 鈴石町集会所前の道路を上がっていくと、鈴石町のシンボルである高さ約2メートルの「鈴石」と一本のサクラが見えてきます。 調べてみるとエドヒガンとの情報ですが、花付きや樹皮などからソメイヨシノのようにも見えます。 撮影時は樹種まで気に留めなかったので、ガクを観察しませんでした。

更新履歴

2018年12月31日
初版をアップロードしました。

鈴の石の桜紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野