香野姫神社の夫婦ザクラ

二種が咲く

二本松市戸沢伏返の香野姫神社には、同一木にエドヒガンザクラとシダレザクラの二種が咲く樹齢500年の古桜がある。二本の桜が絡み合うような姿から「夫婦ザクラ」と命名され、市の天然記念物に指定されている。

香野姫神社の夫婦ザクラ

香野姫神社の夫婦ザクラについて

基本情報

呼称
香野姫神社の夫婦ザクラ(かやひめじんじゃのめおとざくら)
樹種
江戸彼岸桜と枝垂桜
樹齢
推定500年 - ほんまつ桜めぐりパンフレット。
樹形
夫桜: 根周4.8m、幹周3.9m、樹高21.48m - 現地解説板。
婦桜: 根周4.84m、幹周3.8m、樹高21.48m - 現地解説板。
指定
二本松市指定天然記念物 - 昭和55年 旧東和町指定。
見頃
例年4月下旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
専用駐車場なし
所在地
福島県二本松市戸沢伏返120(標高510m)

概要

二本松市東和地区の戸沢伏返には、養蚕の神、機織明神といわれる香野姫神社に、同一木にエドヒガンザクラとシダレザクラの二種が見ることができる名桜がある。 二本の桜が絡み合うような姿から「夫婦ザクラ」と命名され、市の天然記念物に指定されている。 夫桜は幹周3.9m、婦桜は幹周3.8mで、推定樹齢500年の古木である。

撮影後記

 旧東和町の東端に位置して、標高が500メートルあるので二本松の名桜のなかでも開花は遅いです。 近年、シダレザクラの方に枝枯れがあって、2種の咲く姿を見ることができないと解説版に記載されていました。 やはりエドヒガンザクラだけが咲いていました。 見頃時期も過ぎて色褪せている為、妻に先立たれて哀愁漂う姿に重なりました。
 ちなみに香野姫とは、この地で亡くなった歌人藤原実方の妻。 都から亡き夫を訪ねてこの地に来て、里人の手厚い看護のお礼に養蚕と機織りを伝えたといわれ、養蚕神こと香野姫明神として祭られています。

更新履歴

2018年12月31日
初版をアップロードしました。

香野姫神社の夫婦ザクラ紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野