秋山の駒ザクラ

八幡太郎の駒止桜

伊達郡川俣町秋山の小長石集落の山麓に立つ樹齢500年のエドヒガンザクラ。古来から八幡太郎の「駒止めの桜」の伝説がある小手地方有数のサクラで、町の天然記念物、県の緑の文化財に指定されている名桜である。

秋山の駒ザクラ

秋山の駒ザクラについて

基本情報

呼称
秋山の駒ザクラ(あきやまのこまざくら)
別称
小長石の駒ザクラ、八幡太郎駒止めの桜
樹種
江戸彼岸桜
樹齢
推定500年以上 - 駒ザクラ愛護会パンフレット。
推定400年 - 昭和58年 県緑の文化財。
推定300年以上 - 平成3年 環境庁調査報告書。
樹形
幹周5.4m、樹高21m - 駒ザクラ愛護会パンフレット。
幹周5.4m、樹高19m - 現地解説板。
幹径2.2m、樹高21m - 昭和58年 県緑の文化財。
幹周4.6m, 樹高21m, 枝張22.5m - 平成3年 環境庁調査報告書。
指定
町天然記念物 - 昭和54年 川俣町指定。
福島県緑の文化財 - 昭和58年 福島県登録。
見頃
例年4月中旬から4月下旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
無料駐車場あり
所在地
福島県伊達郡川俣町秋山小長石(標高320m)

概要

伊達郡川俣町秋山の小長石集落の山麓に立つエドヒガンザクラ。 古来から八幡太郎(源義家)の「駒どめの桜」伝説がある小手地方有数のサクラである。 樹齢は500年以上と推定され、川俣町の天然記念物に指定され、福島県緑の文化財にも登録されている。 サクラの所有者である佐藤家は川俣町の旧家であり、根本に見られる旧家の墓塔には文政年間(1818年~1830年)のものが見られる。

撮影後記

 町のウェブサイトには「樹冠は整っていないが四方に枝を張り」と紹介されていました。 そんなことはなく、道路側から眺めると雄大な広卵形の樹形で、山際に悠然とそびえ立っていて見事です。 桜を愛するアマチュアカメラマンの会による「福島県内1本桜番付表」でも東の大関に列格され、その美しい立姿をカメラマン目線で端的に表しています。 撮影日は雨降りでしたが、天気の良い午後になれば、暗い背景に逆光に煌くサクラも狙えそうな立地条件です。

更新履歴

2013年12月14日
初版をアップロードしました。
2013年12月31日
携帯電話・スマートフォン専用壁紙を休止しました。
2014年1月1日
一部の無料壁紙を会員限定の閲覧に制限しました。

秋山の駒ザクラ紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野