尊正寺のエドヒガン

県内有数の巨桜

萩市田万川町上小川の尊正寺に自立しているエドヒガンザクラ。幹周4m、樹齢は400年で、山口県内に現存するエドヒガン有数の巨樹で、市の天然記念物に指定されている。

尊正寺のエドヒガン

尊正寺のエドヒガンについて

基本情報

名称
尊正寺のエドヒガン(そんしょうじのえどひがん)
別称
尊正寺の大エドヒガンザクラ
樹種
江戸彼岸桜
樹齢
推定400年 - 平成14年 現地解説板。
推定300年以上 - 平成3年 環境庁調査報告書。
樹形
幹周4m、樹高10m - 現地解説板。
幹周4.0m、樹高9m、枝張15m - 平成3年 環境庁調査報告書。
指定
市天然記念物 - 昭和63年 旧田万川町指定。
見頃
例年4月上旬頃
夜桜
ライトアップなし
駐車場
無料駐車場あり
所在地
山口県萩市上小川東分180(海抜60m)

概要

萩市田万川町上小川の尊正寺に自立しているエドヒガンザクラ。 樹幹内部に空洞が見られるが、樹勢は旺盛である。 幹周4m、推定樹齢は400年で、山口県内に現存するエドヒガン指折りの巨樹で、市の天然記念物に指定されている。 平成6年再建前の本堂は、天正年間(1573年~1591年)の建立で、サクラが植えられた頃とほぼ同時期である。

撮影後記

 萩市の最東部の田万川町の古刹にある一本桜で、ちょうど見頃でした。 サクラとは関係ありませんが、近くの農免農道を通ると「龍鱗郷」という法面一面に広がる玄武岩の柱状節理に出くわしました。 地質好きな方はこちらもどうぞ。

更新履歴

2015年8月5日
初版をアップロードしました。

尊正寺のエドヒガン紀行のコメント

コメントを書く

お名前 ※
ホームページ
コメント本文 ※
認証キー ※ (半角)
Captcha Code

フェイスブックを開始しました。上のタブからどうぞ。

おすすめギャラリー

鎌倉

鎌倉紀行

作品追加中
京都

京都紀行

作品追加中
美瑛・富良野